So-net無料ブログ作成

春の出雲&松江ひとり旅9~日御碕神社と経島 [2019島根]

9時半ごろに宿をチェックアウト。
朝から松江に直行する予定だったんだけど、天気が良くなりそうだったので今朝になって計画変更。
朝早め(と言っても10時すぎ)のバスで日御碕(ひのみさき)神社&灯台に行くことに。

バス停に向かう前に、昨日行った古代出雲歴史博物館へ寄り道。
「ニモツ御宿お届けサービス」ってのをこちらで利用します。
nimotusaviee.jpg
出雲市内の指定場所で荷物を預けたら、その日泊まる宿まで配送してくれるという便利なサービス。
配送先は出雲市街だけじゃなく、松江市街の宿もOKってことで、荷物1個あたり800円かかるけど利用することに。
その預け先の一つがこちらの博物館だったのです。(昨日、時間等確認しておいた)
情報交流室という場所で簡単な手続きをして荷物を預け、身軽になっていざ出発!

日御碕へのバスは「出雲大社連絡所」バス停から2時間に1本ぐらいしか出てないので乗り遅れるわけにはいかない。余裕をもってバス停へ。
10:37発のバスに乗り日御碕へと出発しました!
日御碕は島根半島の西端にある日本海に面した岬です。
バスは「稲佐の浜」の前を通って海沿いを走り、しばらくすると細い坂道をグルグルっと上っていきます。
これが断崖ギリギリを通る感じで(バスだから余計にそう感じる)ちょっと怖い。
hinomibauss1.jpg
でも天気はどんどん良くなってきて、海がとっても綺麗で眺めは素晴らしかったよ~
hinomibbuww2.jpg
所要時間約20分で「日御碕」バス停に到着しました。
ここから、帰りのバスの時間まで1時間ちょっと、日御碕神社から日御碕灯台へと向かいます。

まずはバス停すぐそばにある「日御碕神社」へ。
とっても立派な「楼門」をくぐって中へ。
hinomijinja1.jpg

下の宮「日沉宮(ひしずみのみや)」には天照大御神(アマテラスオオミカミ)が、
sitanoguguu.jpg
上の宮「神の宮」には素盞嗚尊(スサノオノミコト)が祀られています。
hinomisa3.jpg
この上下二社、両本社を総称して"日御碕神社"と呼ぶらしい。
出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」と言われていたり、「日本の夜を守る」神社とされていて、「日本の昼を守る」神社である伊勢神宮と対をなしてたり、けっこう格式の高い神社なのだよね。

朱色とグリーンが印象的な回廊はちょっと春日大社を思い出すなぁ。
kairorohinomi.jpg
出雲大社とは全然雰囲気違うけど、色鮮やかでとっても美しい神社だったよ。

神社を出た後は灯台方面へ向かう遊歩道へ。
海沿いの美しい景色を見ながら散策。
しばらくすると何かの鳴き声が大量に響いてきたので見てみると小島にウミネコが大量にいてびっくり!
「経島(ふみしま)」っていうウミネコの繁殖地として有名な場所だったのだ。(4月は産卵の時期)
uminekojima.jpg
私のカメラではこれが限界だけど、島の上の白い石みたいなのが全部ウミネコ!
umineko33.jpg
こんな大量のウミネコ初めて見たよ~
あと、はるか昔、日御碕神社の「下の宮」はこの島にあったとか。
ウミネコいっぱいで、島の上に小さな鳥居と祠があって、なんだか凄く神秘的な感じがしたなぁ。

春の出雲&松江ひとり旅10~海鮮丼と日御碕灯台へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
nice!(15) 
共通テーマ:旅行

nice! 15