So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

海外ドラマメモ2018年夏~アメドラ編 [米ドラマ&TV]

最近見終わったアメドラの感想。

「The Good Doctor/グッド・ドクター 名医の条件」
WOWOWで見ました~
「ベイツモーテル」のフレディ・ハイモアが自閉症でサヴァン症候群の外科医を演じる医療ドラマ。
韓国ドラマのリメイクらしい。(最近日本でもリメイクされてるんだね)
オープニングがちょっと「Dr.HOUSE」っぽいって思ったら、製作総指揮が同じデヴィッド・ショアだったよ。
ハウスと同じく主人公の個性が強く、意外な設定ながらもなかなか面白いドラマになってる。
主人公ショーンの成長はもちろん、同僚たちも含めて群像劇っぽいところもあり、飽きずに楽しめました。
目立って嫌な奴が出てこないのも良いんだよね。
そしてショーン役フレディ・ハイモアの繊細な演技が素晴らしい。
グラスマン先生役のリチャード・シフも印象的です。(来シーズン、グラスマン先生の脳腫瘍がどうなるのかちょっと心配)
あと「ミスフィッツ」「恋愛後遺症」のアントニア・トーマスがショーンの同僚クレア役で出てたよ。
こういう知的で優しい女性の役もハマるね。

「Billions/ビリオンズ シーズン3」
ボビーとチャックの大人げない仕掛け合いが意外な方向へと進んだシーズン2からの続き。
結局両者とも窮地に追い込まれるという展開。
その流れでボビーとチャックが手を組むことになるのが面白かった!
前シーズンほどの大きな盛り上がりどころはなかったんだけど、全体としては今シーズンの方が面白かったかも。
どちらも性格に問題ありで嫌な奴なはずなのに、なぜか魅力的でついつい肩をもって見てしまうんだよね。
それからコスタビルさん=ワグスも相変わらず面白くていいキャラだったし、いつの間にかボビー側についたスピロスのウザさも(役者さんの独特な風貌も相まって)笑えたよ。
あと、ジョン・マルコビッチが出てきたのにはびっくりした~
ロシアの大富豪役で、ただ喋ってるだけなのに怖いよ。。
来シーズンボビー達と対決しそうな感じ、めっちゃ楽しみだ。

「HOMELAND/ホームランド シーズン7」
クインがいなくなり、なかなか見るモチベーションが上がらずしばらく放置してたんだけど、やっぱり見始めるとそれなりに面白くて楽しめちゃうね。
まぁ序盤のオキーフの行動とか、ブレブレなエリザベス・キーン大統領にはイラッと来たけど、特に中盤あたりからの盛り上がりはさすが。
最初はイイ人っぽく出てきたダンテがやっぱり裏切り者だったって流れとか見どころいっぱいあって面白かったなぁ。(ダンテの家にキャリーのチームが家宅捜査に入るところとか、毒を盛って自白させるとか…)
けどそのダンテとの一件でキャリーの精神状態がかなりヤバい状態になったのは痛々しかった。(クレア・デインズやっぱ巧すぎる)
それでも電気療法を受け、娘との別れも乗り越えたキャリーはついに復活し、ロシアで今回の事件の重要証人シモーヌの奪還作戦を遂行する。
ここらへんは「HOMELAND」らしさが出ててハラハラドキドキ見応えあったな~
ただシモーヌは奪還したものの、変わりにキャリーが捕まってしまい、その後ソールの尽力で解放されるも抜け殻状態でシーズン7終了。
最終シーズンとなるらしいシーズン8はいったいどうなるんだろ。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
nice!(10)  コメント(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。