So-net無料ブログ作成

映画『サム・ガール』(1998年アメリカ) [映画]

原題:Some Girl

ジョヴァンニ・リビシの双子の姉(妹?)マリサ・リビシ主演&脚本による、ちょっと風変わりなラブストーリー&友情物語。

冒頭、Bloodhound Gangの“Fire Water Burn”がかかる中、天使の羽つけた赤毛の女の子が走ってくるシーンが印象的。
この女の子がマリサ・リビシ演じる主人公のクレア。
くるくるした赤毛にちょっと眠たげな表情がめちゃキュート!
いったいどんな物語なのかとっても気になるオープニングです。

そこから、話は2週間前に。
理想の関係を追い求めるクレアと、誰とでも簡単に寝ちゃう自由奔放なエイプリル(ジュリエット・ルイスこういう役似合いすぎ!)。
親友だった2人だけれど、クレアが出会った男の子チャド(SIX FEET UNDERでブレンダの弟役やってたジェレミー・シスト)を巡り、友情にひびが入ってしまう。
それほど新鮮味のある設定ではないんだけれど、2人のキャラが良い感じでけっこう楽しめます。

クレアのような女の子の方が実は大胆で立ち直りが早かったり、エイプリルのような女の子の方が実は繊細で臆病だったり。
映画だから極端に描かれてるけど、そうだよねーっていう部分がけっこうありました。

そして、いろいろあった後、ラストは予想通りオープニングのシーンへと繋がります。
あの天使の格好はそういうわけだったのね。
ちょっぴりブラックで面白かった!

あと、もちろんジョヴァンニ君も出演してます~
そのまんま、クレア(マリサ)の弟役。
メガネをかけたオタクっぽい風貌で、情けなくって、ちょっと変で、でも姉思いな部分もある、そんな役どころ。
年上の女の子に妙に自信たっぷりにアタックするも軽くあしらわれちゃとことか、エイプリルに詰め寄っておもいっきり殴られちゃうとことか、面白かった。
それから、マリサとの会話のシーンの雰囲気がめちゃ自然で、すごく好き。
この作品のジョヴァンニ君は可愛くって魅力的でかなり気に入ってしまいました!!


サム・ガール [DVD]

サム・ガール [DVD]

  • 出版社/メーカー: ファインフィルムズ
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0