So-net無料ブログ作成

OneRepublic@Zepp Tokyo(2017/09/25) [本・音楽・TV]

1週間前、めっちゃ久々にライブ見てきました~
(一番直近で行ったのが2009年のデスキャブだから8年ぶり!)

ここ数年ハマってるワンリパブリックの日本単独公演がとうとう決定。
すでにアルバム4枚出てて、欧米ではアリーナクラスの場所でやってるバンドなのに、場所はzepp tokyo、大きめとは言えライブハウスで見られるなんてめっちゃ最高♪
欲を言えば関西でも公演してほしかったけど残念ながら無さそうだったので、東京公演のチケットをゲット、初めての東京への一人ライブ遠征を決行することになりました。(ついでに東京観光もしてきたので、それについてはまた後日)

当日、めっちゃドキドキしながら会場へ。
整理番号が300番台とそこそこ早目だったので、開場時刻の18時にはzeppに到着しました。
zepp1.jpg
次々番号が呼ばれ、20分弱で会場に入り後ろのほうだけど柵前を確保することができて良かった。
待ってる間楽だし、傾斜があまりない会場なので柵があれば背伸びしてステージ見られるしね。

落ち着いたところで周囲を見渡してみる。
zepp tokyoは今は無き南港のzepp osakaと同じぐらいの規模なのかな?
年齢層は20代後半から30代前半が多そうで、アラフォーは少なそうだけど気にせず楽しみます♪

会場が一杯になり、18時を少し回ったころ、ついにメンバー登場!!!
最初の曲は1stからの"stop&stare"。めっちゃ好きな曲だから最初からテンション上がる~
その後も"kids"や"good life"など聞きたかった曲が次々演奏されて超盛り上がる。
そんでもって他の人たちも凄い盛り上がってて、勝手ににわかファンが多そうなイメージだったんだけど、1stや2ndの曲でも歌ってる人多かったし、この来日を待ち望んでた人多かったんだろうなぁってちょっと嬉しくなっちゃったよ。

中盤にはライアン・テダーが関わったビヨンセの"halo"、そしてエド・シーランの"happier"のカバーをやってくれた。
ビヨンセはもちろん知ってたけど、エドのアルバムにライアンが関わってたの知らなかったわ。
"happier"元はピアノの曲だったらしいです。

そして後半は合間に新曲を織り交ぜつつヒット曲のオンパレード。
"I lived"や"if i lose myself"等、特に3rdの曲はめちゃくちゃ盛り上がる~~~

そしてアンコールは"counting stars"から"love runs out"っていう最高の流れ!!!
久々に飛んだり踊ったりしてめちゃくちゃ楽しかったし、ワンリパ見れて幸せだった~
内容もベスト的選曲で、さすがに1stの曲は少なかったけど、2ndの曲をけっこう沢山やってくれたのも嬉しかったな♪

そしてライアン、ヴォーカルはもちろんギターにピアノにステージを動き回って大活躍。
めっちゃカッコよかったし、なんか日本が好きってのが伝わってきて嬉しかった。
片言日本語で"ありがとございます"って何度も言ってたのが可愛かったよ。
英語でもいっぱいしゃべってたけど、英語苦手であまりわからず残念。(あとからいろんなサイトで確認した)
他のメンバーも演奏上手いし、映像やライティングも流石って感じだったし、ほんと良いライブだったなぁ。
ぜひぜひ来年も日本に来てほしい!(今度は関西や名古屋でも!)

あと今時のライブはスマホでの写真撮影OKだったりするんだねぇ。
まぁ私のいた位置からじゃまともな写真はムリだったけど、いちおう記念に撮っておいたよ。
oner1.jpg

<セットリスト>

1.Stop and Stare
2.Secrets
3.Kids
4.Good Life
5.Wherever I Go
6.Better
7.Feel Again
8.Halo(Beyoncé cover)
9.Happier(Ed Sheeran cover)
10.Something I Need
11.I Lived
12.All the Right Moves
13.No Vacancy
14.Let's Hurt Tonight
15.Apologize
16.Rich Love
17.If I Lose Myself(Alesso remix)

18.Counting Stars
19.Love Runs Out


ネイティヴ

ネイティヴ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/07/12
  • メディア: CD



OH MY MY

OH MY MY

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: INTES
  • 発売日: 2016/10/07
  • メディア: CD



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「カサ・デル・セロ・レゼルヴァ カベルネ・ソーヴィニョン」貰いました~ [その他]

モラタメさんから、チリ産の赤ワイン「カサ・デル・セロ・レゼルヴァ カベルネ・ソーヴィニョン」を頂きました~

1か月ぐらい前に届いたんだけど、9月に「ふるさと納税」のお礼品の牛肉が届く予定だったので、それまで飲むの取っときました。

数日前にお肉到着。
ってことで「すき焼き」と共に飲んでみる。
P_20170921_175530 (197x350).jpg
ワイングラスがないので普通のグラスだけど。。

赤ワインの渋味が苦手でいつも白ワインしか飲まないんだけど、この赤はクセがなくってとっても飲みやすかった!!
濃い味のすき焼きとの相性もバッチリ。
グイグイ飲んじゃって、少し酔っ払っちゃったよ。

お値段も1000円ちょっととお手頃なので、また試してみたいな。

タグ:モラタメ
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

海外ドラマ「Please Like Me/プリーズ・ライク・ミー」 [英ドラマ&TV]

英ドラマ枠で書いてるけどこちらNetflixにあったオーストラリア製の30分のコメディドラマ。
なんとなく見始めたんだけど、予想外にハマってファイナルのシーズン4まで一気見しちゃったよ。

主人公ジョシュのちょっぴり風変わり、でもリアルな日常を描いたコメディドラマ。
ジョシュがガールフレンドに振られ自身がゲイだと自覚するところから始まるんだけど、そのジョシュのちょっと不器用な恋愛模様だったり、親友トムとのおバカなやり取りだったり、心を病んだ母親との同居生活だったり、別の女性と暮らす父親との関係だったりが綴られる。

下ネタ多めだし、主人公がゲイってこともあり男同士のラブシーンも多めなんだけど、お洒落かつユーモラスに描かれていて下品さや嫌な感じは全くない。
キャラやストーリーに共感できる部分も多く、笑えてちょっぴりほろ苦くて泣けたり考えさせられたり。
特に母親周りの話がけっこう重くて、普通ならコメディドラマには相容れなさそうなんだけど、それが違和感なく調和してるのが上手いなぁって思う。

そして主人公ジョシュの楽観的だけど繊細な不思議なキャラクターも魅力的。
ダメな部分もなんか憎めないんだよねぇ。
けっこう個性的なルックスだけど、見続けると不思議と可愛く思えてくる。
このジョシュ役のジョシュ・トーマスはオーストラリアのコメディアンで、このドラマの制作や脚本も務めてて、ドラマのキャラと同じくゲイをカミングアウトしてるそうで、自伝的な作品でもあるみたいだね。

それから親友トムや元カノのクレア、両親に彼氏など他の登場人物もみんな個性が立ってて魅力的なんだよね。
ジョシュはファニーフェイスだけど彼氏はみんなイケメンなので目の保養にもなるよ。
特にS2から出てくるアーノルド、歌うまいし(SIAのシャンデリア素晴らしかった)、若いころのジェレミー・シストにちょっと似ててめっちゃ可愛いです。
あと、ジョシュの飼い犬ジョンもめちゃくちゃカワイイよ!!

あとオープニングも良いんだよねぇ。
曲に合わせてダンスしながら料理したり、ポップで可愛くて、毎回どんなオープニングが見られるのか楽しみだった。
あのオープニングがもう見られないのはちょっと残念だな。

pllime (285x350).jpg

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

タグ:海外ドラマ
nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「S&Bゴールデンカレー」を貰いました。 [その他]

「モラタメ」さんで当たりました~

エスビー食品さんの「ゴールデンカレー 198g 中辛」と「ゴールデンカレーレトルト 中辛」のセットです。
kare.jpg

ゴールデンカレーは初めて食べました。
レトルトはそのまま食べるのもつまらないので、チーズのせてカレードリアにしてみたよ。
20170907_180048249 (400x225).jpg
あまり辛いカレーは好きではないので中辛でちょうど良かった。
具もけっこう大きめなのがゴロゴロ入ってたし、スパイスも効いてて美味しかった!

まだルーは使ってないんだけど、レシピノートも付いてたしいろいろアレンジ試してみたいな♪


タグ:モラタメ
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏の豊島日帰り旅その4 [国内旅行]

家浦方面へ戻り、そろそろ休憩タイム。
豊島のいちご農家さんが経営されてるイチゴスイーツのお店「いちご家」さんへ。
itigoya2.jpg
去年は時間がなくてスムージーをテイクアウトしたんだけど、今回はたっぷり時間があるので、去年から気になってた"かき氷"を注文。
M・L・ビッグサイズの3種類の大きさがあり、トッピングによってお値段も変わります。
私は練乳ミルクがかかったイチゴミルク氷のMサイズをチョイス。
itigogori.jpg
一人で食べるのにちょうど良いサイズ。
自家製のいちごシロップが自然な甘さ(イチゴジャムっぽい)で氷もフワフワでめっちゃ美味しい!!
昨今流行りのかき氷はやたら高かったりするけど、これで500円はめっちゃお得です。

かき氷でクールダウンした後は、前回入れなかった「豊島横尾館」へ。
tesimayoko.jpg
内部は撮影禁止。
古民家を改修してつくられていて、日本家屋と横尾忠則らしいドギツさが奇妙にマッチした内装になってて面白かったよ。

これにて豊島観光は終了の予定だったんだけど、船の出発時刻まで意外と時間が余っちゃったので、気になってた「海のレストラン」でお茶することに。
umiresu1.jpg
umirsu2.jpg
テラス席でも中の席でもどちらでも良いと言われたんだけど、かなり蒸し暑かったのでクーラー効いて涼しい中へ。
オレンジジュースを頼んでまったり静かに休憩。
umiresu3.jpg
客がいなかったのでテラス席の方にも出てみると瀬戸内海が本当にすぐそこ。
夕方近くになって少しモヤがかかった空になってたんだけど、それもまた雰囲気があって素敵だった。
umiseru4.jpg
店員さんも親切で一人でも居心地良いお店でした。

そろそろ船の時間が近づいてきたので豊島港へ。
帰りはフェリーでは無く高速船に乗ります。
こちら小豆島から来て唐櫃港と家浦港に立ち寄る船なので、それぞれの港で乗船人数が決まってる為、乗るには整理券が必須。
seiriken.jpg
(乗船20分前から配ってる。乗船券も20分前からなので購入時に貰えます。)
でも平日で芸術祭中でもなければ余裕でゲットできる感じだったよ。

最後に港に併設されてるショップで檸檬柄の手ぬぐい購入。
tenugui333.jpg

船に乗って宇野港へと戻ります。
所要時間25分ほどなので、行きのフェリーの半分、あっと言う間に到着。
(この路線はフェリーでも高速船でも値段が変わらないのが嬉しい)
ちょうど宇野駅から岡山直通の列車に乗れたので、スムーズに家へ戻ることが出来ました。

2回目の豊島は瀬戸芸中だった去年よりノンビリゆっくり回れて凄く楽しかった!
出来ればまた来年も訪れてみたいなぁ。

夏の豊島日帰り旅その1へ戻る。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を購入 [国内旅行]

たまたまヤフーニュースに上がってるのを見て気になってた「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」
その名の通りJR西の会社発足30周年を記念して発売される限定切符で、JR西日本の全線(もちろん新幹線や特急も自由席だけど使える)で使えて1日10000円。

↓使える区間
MAPJR (600x293).jpg

使えるのは10月の土日で、購入時に日を決めないといけないという制約はあるけど、JR西にしては珍しく「お一人さま」から使えるし、めっちゃお得なんで購入することに。
ただ一日につき3000枚限定で、初日にあたる10月1日分はスルーしたんだけど、なんか開始10分ぐらいで売り切れたとか。
取れるか微妙だけど、3連休のどれか一日、せっかくなので頑張って早起きしてみることに。
予約はネットの「e5489」から、早朝5時30分開始なのだ。
J‐Westカード持ってて以前から会員なので、あとはログインするだけ。
5時20分ぐらいに目覚め、パソコン立ち上げるのが面倒だったので、布団に入ったままスマホでチャレンジ。
最初しばらく繋がらなかったけど、5回ぐらい繰り返したら申し込み画面にたどり着けた!
そのあと、支払方法等設定して予約を押したものの今度は「処理中」画面のまま5分近く動かない。
やっぱダメなのかな~と思いつつ、下にある「画面が切り替わらない場合はこちら」ボタンを押してみると、なぜだか予約が完了してました。
メールチェックしてみると完了メールも届いてた。
ただカード支払いにしたはずなのに、なぜか駅での支払いになってたけど。。

ってことで今週中に支払いしなきゃいけなくなったので、最寄り駅の「みどりの発券機」で発券してきました~
30kippu.jpg

行先候補は何カ所かあるけど、まだどこに行くかは決めてないんだよね。
日帰りなのでうちの住んでる場所からだと、岡山より西なら余裕で元が取れる。
ただ「JR西」なので、新幹線が新大阪からしか乗れないのがちょっと面倒だけど。
まだ1か月あるのでいろいろ検討してみようと思います♪

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

タグ:JR 切符
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

夏の豊島日帰り旅その3 [国内旅行]

坂を一気に下り、唐櫃港の前を通って「心臓音のアーカイブ」へ。
sinon.jpg

瀬戸芸の時にうっかり行くのを忘れてて初めて鑑賞。
フランス人アーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーの作品。
世界中の人々から集めた心臓音と光の点滅を使ったインスタレーションです。

小さな暗い部屋で他人の心臓音が大きく鳴り響くのを聞くっていうのは変な感じだ。
どうにも息苦しく不安になってくる。
入場料が勿体ないと思いつつ、あっと言う間に出てきちゃいました。

こちらのパソコンでその他の心臓音も聞くことができます。
akaibu.jpg
知り合いとかが登録してるならともかく、知らない人の心臓音だけ聞いてもなぁって感じだけど。
ちなみに1500円払うと自分の心臓音を録音することもできるそうです。

作品的にはちょっと苦手だったけど、ここら辺の海の景色が素晴らしかったので来て良かった。
siono.jpg

続いてもう一つ見逃してた唐櫃地区の作品を見に戻ります。
行きは気持ちよく下ったけど、帰りはめちゃくちゃキツく豊島美術館前でちょこっと休憩。
こちらが今回の旅の相棒の電動自転車。
denjite.jpg

それから唐櫃地区にある「空の粒子」という作品へ。
前回どこにあるか場所が分からずスルーしちゃったのだ。
地図を頼りに向かったんだけど、後ろの木々と一体化してて今回もスルーしそうになっちゃったよ。
soraryu1.jpg
でも奥に立って空を入れて撮るといい感じ。
soraryu2.jpg
タイトルの意味がなんとなく分かります。

この作品のお隣には「唐櫃の清水」という湧き水がありました。
karatosimizu.jpg
今でも生活用水として使われているそうです。

そろそろ家浦港方面へと戻ります。

夏の豊島日帰り旅その4へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

夏の豊島日帰り旅その2 [国内旅行]

豊島美術館へ向かう途中の下り坂。
tem3.jpg
tem2.jpg
やっぱりここの景色は素晴らしい!
前回来た時は真っ青な空が広がってたんだけど、この日は淡いブルーの空にうっすら瀬戸内海の島々が見えて、前回とはまた違った雰囲気で素敵だった。

そして「豊島美術館」へ到着。
この美術館に再訪するのが今回の旅の一番の目的だったんだよね。
整理券も待ち時間もなくすぐに入場可。

美術館入口までの小径も海が見えて自然いっぱいで美しい。
tem5.jpg
umid.jpg

そして美術館に到着。
tem4.jpg
夏休み中だからそれなりに人はいたけど(半分ぐらい外国人だった)、瀬戸芸中ほどは混雑してなくて良かった。
1時間ぐらい水滴眺めたり寝転んだりとまったり過ごす。
ひたすらボーっとしてるだけなんだけど、なぜか癒される不思議な空間。
毎年訪れたいと思うほどお気に入りの場所になりました。(もちろん豊島という島自体も大好き)
次回は違う季節や天候(雨の日とかどんなだろう)の時に来てみたいな。

で、前回は整理券が出るほどだったから言われなかったんだけど、その日のうちは何度でも再入場可能なんだって。
次は最初にここにきて、途中お昼食べに出たりするのも良いかもな。

続いて、前回行けなかったクリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」へ向かいます。

夏の豊島日帰り旅その3へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

夏の豊島日帰り旅その1 [国内旅行]

7月末に去年瀬戸芸旅で訪れて気に入った瀬戸内海に浮かぶ香川県の島、豊島に今年も再訪。
同じく瀬戸芸旅で本島&高見島を日帰り出来たので、豊島も日帰りで行ってみました。

新幹線で岡山駅へ行き、そこから在来線に乗り換え宇野駅へ。
unesta.jpg
駅のすぐそばにある宇野港からフェリーに乗って豊島へ向かいます。
minato.jpg
フェリー乗り場は平日だけどけっこう人が多く、外国人観光客も沢山いたけど、ほとんどの人が直島行きの船に乗って行きました。
tesihune.jpg
豊島への船はけっこうガラガラ。
去年も同じ時間の船に乗ったんだけど、瀬戸芸があるのと無いのとではだいぶ違うんだなぁ。(それを考えると直島って凄いな)
まぁ空いてる方がゆっくり観光できるんで良いんだけどね。

船は40分ほど、お昼前には豊島の家浦港へ。
朝からずっと曇り空だったのが、ここに来て徐々に雲が薄くなってきた。
ieura1.jpg

着いてまず最初に自転車をレンタル。
去年は瀬戸芸中だから事前予約してたけど、今年は予約はせず。
港に併設されてて便利な「土庄町レンタサイクル」さんでお借りしました。
tonoren.jpg
電動自転車で4時間1000円です。

さっそく自転車に乗りまずは唐櫃地区へ向かいます。
去年来てるので道はバッチリだったけど、唐櫃へ向かう上り坂が記憶にあるよりもキツかったよー
陽射しが出てきて蒸し暑いし、電動自転車でもヘロヘロになりながら、なんとか到着。
ここでの目的は「島キッチン」というレストランでのランチです。
simakit.jpg
島の女性たちと丸ノ内ホテルのシェフが協働し考案したお料理が食べられるお店。
前回も気になってたけど瀬戸芸中だったので混んでて入れなかったんだよね。
基本、土日しか営業してないんだけど、夏休み中ってことで金曜日のこの日も開いてました。

少し早目の時間だったのもありまだ空いてた。(私が食べ終わるぐらいから混み始めた)
simakit2.jpg
ランチメニューは2種類あってキーマカレーと迷ったけど、限定30食ってことで"島キッチンセット"をチョイスしました~
simakit3.jpg
メインはお魚のフリット、これにサラダやスープなどがついてきます。
玉ねぎのポタージュが予想以上にガッツリ玉ねぎ味すぎてちと苦手だったけど、基本的にはどれもあっさりヘルシーで美味しかった。
ボリュームもけっこうあり、お腹いっぱいになったよ。

続いて、メインの目的地「豊島美術館」へ向かいます。

夏の豊島日帰り旅その2へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

お盆休みお出かけ [国内旅行]

お盆休みは基本ダラダラ過ごしてたけど、一日だけ友だちとお出かけしてきました。
と言っても近場。
車で40分弱、お隣の市にあるこちらの体験型観光農園へ。
tawada1.jpg
いろんな花が咲く庭園があったり、果物の収穫体験ができる農園があったり、手軽にバーベキューができる設備があったりする自然いっぱいの施設です。

入口近辺のショップとレストラン。
tawada2.jpg

入園料600円を払い中に入ると、思った以上に広かった。
友だちのお子ちゃまも一緒なので、まず最初に羊のいる牧場へ。
一番端っこの方にあって、めっちゃ遠い!
施設の中にミルキーウェイっていうちょっとした鉄道が走ってるんだけど、片道500円もするので、うちらは頑張って歩いたよ。

牧場には羊が7~8匹はいたかな。
牧場の中に入って触ったり(ウール100%だけあってフワフワ)、餌(有料)をやったりもできる。
まだ小さい子羊もいてめっちゃ可愛かった。
tawada3.jpg

羊牧場へ向かう道の途中にあるハウス栽培のぶどう園。
3~4種類ぐらい育てられてました。(収穫は8月下旬ぐらいかららしい)
budou.jpg

ランチは入り口そばにあるバイキングレストランへ。
さすがにお盆休みのお昼時ってことで10組以上の待ちだったけど、制限時間がある(60分)のと、諦める人も多く、けっこう早く順番が回ってきました。
baikin.jpg
野菜がメインのバイキングでヘルシーで美味しい。
ちょうどエスニックフェアをやってて、生春巻きとか、タイカレーがあったりしたのも嬉しかった。

食後はクラフト体験工房へ。
子供たちが羊毛フェルトに挑戦したいってことで、ちょこっとお手伝い。
1502534903639 (345x350).jpg
丸めた羊毛を特殊な針でひたすら刺してカタチを作りストラップなんかを作れるんだけど、難易度高い動物の形を選んじゃったので、けっこう大変だったよー
閉園時間ギリギリまで頑張ったものの結局完成せず、針は貰えるので友だちは家に帰ってから続きを作るって言ってました。

他にもいろいろ体験できるものがあって、なかなか充実した施設。
ここだけで一日楽しむことが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:地域