So-net無料ブログ作成
国内旅行 ブログトップ
前の15件 | -

夏の直島日帰り旅その1 [国内旅行]

豊島に続き8月の終わりに直島へも日帰り旅してきました~
直島は昨年4月の瀬戸芸以来、2回目です。

この前の豊島と同じ時間&ルートで宇野港へ。
11:00発のフェリーで直島へと向かいます。
フェリーは豊島行きよりもかなり乗客多く、外国人もめちゃくちゃ沢山乗ってたよ。
unonaof.jpg

宇野から直島・宮浦港へは所要時間20分なので、豊島に比べるとかなり近く、あっと言う間に到着。
naokkkk.jpg
ただ、天気悪くて到着直前ぐらいからちょびっと雨が降り出してきた。
天気予報で雨なんてまったく予報されてなかったのになぁ。。

港にフェリーが着いたらすぐにバス乗り場へ。
満員のバスに乗り、まずは「農協前」で下車。
こちらの本村地区で前回半分しか鑑賞できなかった「家プロジェクト」を制覇しようと思います。

農協近くにある「本村ラウンジ&アーカイブ」で「家プロジェクト共通チケット」を購入。
このチケットで完全予約制の「きんざ」を除く6施設を鑑賞できます。

本村ラウンジを出ると雨も止んでたのですぐに行動開始。
まずは前回、着いた時点ですでに整理券の配布が終了していた「南寺」へ向かいます。
この日も整理券が配布されてたんだけど、20分ぐらいの待ち時間だったので全然オッケー。
その間に前回も見た「角屋」を鑑賞し、そのあと周辺をぶらぶら。
途中、民家っぽい家の庭から白鳥の頭が見えてたんだけど、これ何だろ?
hakuchooo.jpg

そろそろ時間になったので「南寺」へ。
minamider.jpg
「地中美術館」や「21世紀美術館」にも作品があるジェームズ・タレル氏の作品です。
詳しくは書かないけどここまでの真っ暗闇ってなかなか体験できないよねー
少しの恐怖の後に不思議な感覚を味わえる作品で面白かった。

「南寺」を出ると12時をすぎてたので、そろそろお昼ごはん。
前回来た時に前を通って気になってた「マイマイ」という"直島バーガー"のお店へ。
naobagar1.jpg
"直島バーガー"は直島で養殖が盛んなハマチを使用したご当地バーガーです。
バーガーにはチーズをトッピングし、"はちみつゆず茶"とハッシュポテトのセットに。
naobaga2.jpg
注文してから作ってくれるので10分ぐらいかかります。
フワフワのバンズと、揚げたて熱々サクサクのハマチフライとタルタルソースが相性抜群。
トッピングしたチーズも良く合ってめっちゃ美味しかった♪

食べてる間にどんどん天気が良くなってきて、店を出る頃には青空が広がってたよ~
misede.jpg
気分良く、ふたたび行動開始。
残りの作品を鑑賞しに行きます!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

乗り放題きっぷで行く岩国&宮島日帰り旅5~千畳閣と厳島神社 [国内旅行]

厳島神社に行く前に「千畳閣」へ寄ってみる。

鮮やかな朱色が目立つ五重塔の隣に建つぱっと見地味な建物が千畳閣です。
tosenjo.jpg
正式名称は「豊国神社」で豊臣秀吉により建立されたものの、秀吉の死によって工事が中止され未完成のままになってるそう。

広々としてて、未完成の天井には様々な絵馬が飾られてます。
senjokaku1.jpg

こちらは最近の物っぽいシカの絵の絵馬。
ema.jpg

中からは厳島神社や海も見え、座ってノンビリ過ごしたくなるような空間でした。
senjokaku4.jpg

続いて「厳島神社」へ。
もう夕方近くだったけど凄い人だったー
ちょうど引き潮の時間だったので、海に浮かぶ神社の姿が見られなかったのがちょい残念。
itukuj1.jpg

こちらは引き潮時しか見られない「鏡の池」
kagamiike.jpg

大鳥居のあたりも水が引いてて近くまで行ける状態だったので、続いて鳥居へと向かいます。
itukusiji3.jpg

完全に潮が引いてたので歩いて下をくぐれたよ。
ootori3.jpg

海側から見た鳥居。
otorii3.jpg
こちら側だと「嚴嶋神社」、社殿側からだと「伊都岐島神社」と書かれてるんだよね。

これにて、宮島観光は終了。
帰りのフェリーも10分ごとに出てたので、すぐに乗ることができ、宮島口駅から17:03発の普通列車に乗って17:33には広島駅に着きました。
帰る前にエキナカでお好み焼き食べて帰ろうと思ってたんだけど、有名店はどこも凄い混んでたので諦め、第二候補だった「むさし」の"若鶏むすび"を買って新幹線で食べることに。
「むさし」は広島市民に親しまれてる老舗のおむすび屋さんだそうです。

帰りの新幹線は18:03発の「のぞみ148号」。
自由席もそれほど混んでなく3列シートの窓側ゲット。
さっそく"若鶏むすび"をいただきま~す。
musasi.jpg

おむすび2種に唐揚げ3つにウインナー1つ、枝豆にキャベツにデザート(オレンジ)まで入ってる。
特に生のキャベツが入ってるのが珍しい!添えられてる塩をかけて食べるとうまい。
おむすびも手作りっぽい感じで美味しかった♪

それから食後のおやつとして買った"生もみじ"。
最近売り出されてる新食感のもみじ饅頭だそう。
momoi.jpg
皮がモチモチしててこれはこれで旨いけど、私は普通のもみじ饅頭の方が好きかなぁ。

19:28には新大阪駅に到着。
新快速に乗り換えて21:00すぎには「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を使った日帰り旅が終わりました~

帰って計算してみたら普通だと23,850円かかってたよ。
乗り鉄とかじゃなく普通に旅行しても十分元が取れて、めっちゃお得な切符だったよー
こういうの毎年出してほしいなぁ。

 「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を購入
 乗り放題きっぷで行く岩国&宮島日帰り旅1~錦帯橋
 乗り放題きっぷで行く岩国&宮島日帰り旅2~岩国城
 乗り放題きっぷで行く岩国&宮島日帰り旅3~宮島表参道商店街
 乗り放題きっぷで行く岩国&宮島日帰り旅4~ 宮島ロープウエー

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

乗り放題きっぷで行く岩国&宮島日帰り旅4~ 宮島ロープウエー [国内旅行]

前回の宮島で気になりつつ行けなかった弥山へロープウェーを使って登ります。
厳島神社の裏手の方から無料送迎バスが出てて、その手前でチケットも売ってたので先に購入。
ropway.jpg
売り場のおじさんによると、バスは定員28名だから乗れなかったら歩いて行った方が早いとのこと。
すでに長い行列が出来てて乗れるか微妙なとこだったけどとりあえず待ってみる。
すぐにバスが来てなんとかギリギリ乗れて、運転席と助手席の間の物置みたいな所だけど一応座れて良かった。
で、運転手さんがいろいろ話してたんだけど、カーブの多い細い山道をけっこうな勢いで登っていくので、相槌打つのが精いっぱいだったよー

所要時間3分ほどだからあっと言う間に到着。
でもここからが長かった。。
乗り場までの長い階段は下までものすごい行列。
一応待ち時間2~30分ぐらいと書かれてたけど、実際には50分ぐらいかかった気がする。
少し前まで青空が見えてた空も、また曇り空になって来たし…

それでも少しづつ列は進み最初のロープウェイに乗車。
弥山の山頂へ行くには途中でロープウェイを乗り換えなきゃならないのです。
ropway2.jpg
最初のロープウェーは定員6名で乗車時間約10分。
もちろん相席なので、何となく気まずい空気が流れてたし、10分がめちゃ長かった。

それから乗り換え。
ここからは30人乗りの大型のロープウェー。
こちらはタイミングよくほぼ待ち時間なしで乗車できた。
乗ってすぐに海が見えてきたよ~
待ちに待って疲れたけど、ここまで来た甲斐あった!
misen1.jpg

4分ほどで山頂の獅子岩駅にようやく到着。
misen333.jpg
本当の弥山山頂はここからさらに歩いて30分ぐらいかかり、さすがにそこまで行く時間も気力もなかったので、駅そばにある獅子岩展望台からのパノラマを楽しんで帰ります。

ハート型の岩と瀬戸内海。
sisiki.jpg

空と海が一体化して島が空に浮かんでるようにも見えて綺麗だったよー
tenbo12.jpg

やっぱり瀬戸内海はどこから見てもステキだね。
tenbo13.jpg

景色を満喫したので、ロープウェイで下山。
行きよりは待ち時間少なく降りることが出来て良かった。
ロープウェイを降りた後はバスを使わず紅葉谷公園を通って厳島神社へと向かいます。
mojidani.jpg
この辺り、紅葉の時期はめちゃくちゃ綺麗なんだろうなぁ。

岩国&宮島日帰り旅5~千畳閣と厳島神社へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

乗り放題きっぷで行く岩国&宮島日帰り旅3~宮島表参道商店街 [国内旅行]

錦帯橋からバスに乗り20分ほどで岩国駅に到着。
ここからJRの山陽本線で宮島口へと向かいます。

12:22発の普通列車に乗車。
今回の旅行、岩国での天気の悪さにあまりテンション上がってなかったんだけど、途中海が見えて、ちょっとワクワクしてきた~
shaso.jpg
12:46には宮島口駅に到着。
miyajimaguti.jpg
ここからフェリー乗り場までは歩いて5分ほど。
「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」はJR宮島フェリーもフリーで乗れちゃいます。
miyajiferi.jpg
観光客の多い3連休ってことで10分ごとに船が出てたのでほとんど待ち時間なしに乗船し出港。
このJRのフェリーは鳥居の正面を通るルートで運航してるので、海から鳥居と厳島神社が綺麗に見えるのが良いんだよね。
miyaumi1.jpg
宮島までは10分ほどなので、その後すぐに宮島へと上陸しました~

宮島は5年ぐらい前に友達と来て以来。
その時に、次は一人で訪れてみたいなぁって思ってたんだよね。
で、今回めっちゃお得な切符が手に入ったので、ふたたび宮島を訪れてみることにしたのです。
(まぁ本当は空いてる平日にゆっくり来たかったんだけど...)

着いてまずは腹ごしらえ。
岩国では何にも食べられなかったからめっちゃお腹空いてたんだよ~
時間的にどこも混んでそうだから「表参道商店街」でいろいろ買って食べ歩くことに。
宮島着いてから日差しが出てきてめちゃくちゃ暑かったんだけど、商店街には開閉式の屋根(シート)があるので日蔭になって歩きやすかったよ。
shotn3.jpg

「広島牛の牛まん」
gyuman.jpggyuman2.jpg
他の観光客が食べ歩いてるの見ておいしそうだったのでゲット。
「穴子まん」もあったんだけど、穴子はちょっと苦手なので牛まんにしました。
これ意外と本格派、具もたっぷり入ってるし、しっかりした味付けでビールが欲しくなる!(日帰りだと飲めないのがちょっと残念)

それから宮島といえばやっぱ牡蠣だよねー
kakiiii.jpg
牡蠣は「焼き牡蠣」が一番好きかも。プリプリで肉厚で巧かった~

続いても宮島らしく焼きたて「もみじ饅頭」
momijiman.jpg
老舗の「藤い屋」さんで購入。
店内でお茶と共に頂くこともできるけど、1個から焼きたてを買って食べ歩くこともできます。
ほんのり温かくて、生地が香ばしくて美味しい♪

そしてシメはたまたま入った横道にあった「BACCANO」というお店のジェラートで。
jerato00.jpg
いろんな味があって迷ったけど"広島レモン"と"3種のベリー"にしてみた。
どちらの味も美味しかったけど、特にレモンが好みの味で気に入ったよ。

最後は買い物ってことで「ひぐらし」っていう雑貨屋さんでオリジナルの「手ぬぐい」購入。
宮島らしいイラストが描かれてて可愛いです。
zakka.jpg

「表参道商店街」を満喫した後は、ロープウェイ乗り場へ向かいます。

岩国&宮島日帰り旅4~ 宮島ロープウエーへ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

乗り放題きっぷで行く岩国&宮島日帰り旅2~岩国城 [国内旅行]

ロープウェイ乗り場へ着くと、タイミングよく臨時便がもうすぐ出発するとのこと。
基本15分間隔なのだけど、混雑時は臨時便が出るみたい。
大雨だというのにやっぱ三連休+有名観光地だけあって観光客多いんだよね。

急いでロープウェイに乗り込むとすぐに出発。
山頂駅までは3分ほどなのでアッという間に着いちゃいました。
rwwwww.jpg
ここから「岩国城」までは歩いて5分ほど。
経路が2つあって、一つは山道で、一つは舗装された道。
流石にこの雨なので、舗装された道を行きます。
ただ舗装されてても坂道なので、雨が川のように流れて来て、濡れないように歩くの大変だったよ。
モヤがかかって見た目にはいい雰囲気なんだけどねぇ。
iwakjo1.jpg
びしょ濡れになる前になんとかお城へ到着。
iwakujo2.jpg
iwakujo5.jpg
ちょっと個性的な形の天守。

「岩国城」は1608年に築城されたものの、江戸幕府の一国一城令でった7年で廃城されちゃったそう。
なので現在の天守は1962年に鉄筋コンクリートで再建されたものになります。

内部は刀や鎧等を展示する博物館になってる。
kataba.jpg
最上階には展望台。
iwakujo6.jpg
霞んでるけど一応「錦帯橋」は見えたよ。
これ晴れてたらめっちゃ良い景色が広がってたんだろうなぁ...

城を出てロープウェイ乗り場へと戻ります。
山頂駅横の広場に「からくり時計」がありました。
"からくり"は時間が合わず見られなかったけどね。
karau.jpg

ふたたびロープウェイに乗って下山。
この辺りでようやく雨が小降りになってきた~
でも予定していたバスの時間が迫ってきてたので速足で錦帯橋へと戻ります。
kintaikyo5.jpg
ふたたび錦帯橋を渡り、最後に少し見え始めた青空をバックに錦帯橋をパシャリ。
初の岩国は雨降りでちょびっとツイてなかったけど、それなりに楽しめたのでまぁ良かったかな。
でも次は天気の良い日に来てみたいなぁ。

バスに乗って今度は「岩国駅」へと向かいます。

岩国&宮島日帰り旅3~宮島表参道商店街へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

乗り放題きっぷで行く岩国&宮島日帰り旅1~錦帯橋 [国内旅行]

1か月前にゲットした「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を利用して日帰り旅してきました。
この前の東京旅行や、その前に行った日帰り旅2カ所もまだ全然アップ出来てないんだけど、これから行かれる誰かの参考になればと思いこちらを先に書いておきます。

朝6時前に行動開始。
最寄駅から在来線で7:40頃に新大阪駅に着き新幹線に乗り換え。
新幹線ホームへ向かうと乗る予定の7:53発「みずほ603号」は新大阪始発なので、すでに乗車が始まってた。
急いで乗り込むと残念ながら窓側は埋まってたけど、3列シートの通路側に席を確保し一安心。
出発する頃にはほぼ席は埋まり、次発の「のぞみ97号」に乗る人の列もけっこう長くなってました。

無事発車後、まずは前日買っておいたコンビニパンで朝ごはん。
それから、さらに客が乗ってくる新神戸に着く前にってことで急いでトイレへ行くと、デッキには数名立ってる人がいたよ。
新神戸からは案の定、乗客が増え、ついに通路にも立ち客が!
やっぱり三連休初日だからねー
でも、この立ち客も岡山で降りる人が多くてほとんどの人が座れてた。
私はその後広島で下車し、9:26発「こだま731号」に乗り換え。
「こだま」は全然空いてて、余裕で好きな席に座れたよ。
一駅なのでアッという間、9:40に最初の目的地「新岩国駅」に到着しました~
siniwaku.jpg
とは言え「新岩国駅」の周りには何もないので、ここから路線バスで観光地へと移動です。

バスで15分ぐらいで岩国と言えば、な「錦帯橋」に着きました!
kintaikyo1.jpg
けっこう有名な観光地だけど、そもそも山口県に来るのが中学校の修学旅行以来だし、その時も萩方面にしか行ってないので初めて。
この後に行く宮島のついでに回れるちょうど良い場所だったんだよね。

橋の前のチケット売り場で「錦帯橋」と「ロープウェイ」と「岩国城」がセットになったチケット(940円)を購入しいざ観光って思ったとたん雨がちらついて来た!
前日の天気予報ではまったく雨予報なんてされてなかったのに、今になって突然の雨マーク。
天気予報ってほんと当てにならないなぁ。
仕方がないので、錦帯橋の前にあるお店で400円のビニール傘を購入して錦帯橋へ。

橋は濡れてて滑りそうでちょっと怖い。
kitanikyo2.jpg
でも木造のアーチがめっちゃ美しくて立派な橋だ。
これが釘一本使わず作られてるなんてすごいなぁ。
kintaikyo3.jpg
山の上に小さくこれから向かう岩国城も見えています。

橋を渡り切ったところには「むさし」っていうテレビで紹介されて有名なソフトクリームのお店がありました。
種類が豊富なことで有名で今現在は165種類もあるらしい。
sohuto3.jpg
帰りにって思ってたんだけど、結局時間がなくて食べられなかった。ちょい残念。

それから巨大な噴水などがある綺麗な公園へ。
hunsui3.jpg
でもここで雨がかなり強くなってきたので、いったん途中にあった休憩所へ避難。
この休憩所、鵜の飼育施設に併設されてて、その展示スペースも兼ねてるみたい。
錦帯橋で鵜飼が行われてるってのを初めて知ったよ。
ukai.jpg
ケージでは鵜が沢山飼育されていました。
ukai2.jpg
しばらく待っても雨は収まる気配がなかったので、意を決してロープウェイ乗り場へと向かいます。

岩国&宮島日帰り旅2~岩国城へ続く

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

夏の豊島日帰り旅その4 [国内旅行]

家浦方面へ戻り、そろそろ休憩タイム。
豊島のいちご農家さんが経営されてるイチゴスイーツのお店「いちご家」さんへ。
itigoya2.jpg
去年は時間がなくてスムージーをテイクアウトしたんだけど、今回はたっぷり時間があるので、去年から気になってた"かき氷"を注文。
M・L・ビッグサイズの3種類の大きさがあり、トッピングによってお値段も変わります。
私は練乳ミルクがかかったイチゴミルク氷のMサイズをチョイス。
itigogori.jpg
一人で食べるのにちょうど良いサイズ。
自家製のいちごシロップが自然な甘さ(イチゴジャムっぽい)で氷もフワフワでめっちゃ美味しい!!
昨今流行りのかき氷はやたら高かったりするけど、これで500円はめっちゃお得です。

かき氷でクールダウンした後は、前回入れなかった「豊島横尾館」へ。
tesimayoko.jpg
内部は撮影禁止。
古民家を改修してつくられていて、日本家屋と横尾忠則らしいドギツさが奇妙にマッチした内装になってて面白かったよ。

これにて豊島観光は終了の予定だったんだけど、船の出発時刻まで意外と時間が余っちゃったので、気になってた「海のレストラン」でお茶することに。
umiresu1.jpg
umirsu2.jpg
テラス席でも中の席でもどちらでも良いと言われたんだけど、かなり蒸し暑かったのでクーラー効いて涼しい中へ。
オレンジジュースを頼んでまったり静かに休憩。
umiresu3.jpg
客がいなかったのでテラス席の方にも出てみると瀬戸内海が本当にすぐそこ。
夕方近くになって少しモヤがかかった空になってたんだけど、それもまた雰囲気があって素敵だった。
umiseru4.jpg
店員さんも親切で一人でも居心地良いお店でした。

そろそろ船の時間が近づいてきたので豊島港へ。
帰りはフェリーでは無く高速船に乗ります。
こちら小豆島から来て唐櫃港と家浦港に立ち寄る船なので、それぞれの港で乗船人数が決まってる為、乗るには整理券が必須。
seiriken.jpg
(乗船20分前から配ってる。乗船券も20分前からなので購入時に貰えます。)
でも平日で芸術祭中でもなければ余裕でゲットできる感じだったよ。

最後に港に併設されてるショップで檸檬柄の手ぬぐい購入。
tenugui333.jpg

船に乗って宇野港へと戻ります。
所要時間25分ほどなので、行きのフェリーの半分、あっと言う間に到着。
(この路線はフェリーでも高速船でも値段が変わらないのが嬉しい)
ちょうど宇野駅から岡山直通の列車に乗れたので、スムーズに家へ戻ることが出来ました。

2回目の豊島は瀬戸芸中だった去年よりノンビリゆっくり回れて凄く楽しかった!
出来ればまた来年も訪れてみたいなぁ。

夏の豊島日帰り旅その1へ戻る。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を購入 [国内旅行]

たまたまヤフーニュースに上がってるのを見て気になってた「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」
その名の通りJR西の会社発足30周年を記念して発売される限定切符で、JR西日本の全線(もちろん新幹線や特急も自由席だけど使える)で使えて1日10000円。

↓使える区間
MAPJR (600x293).jpg

使えるのは10月の土日で、購入時に日を決めないといけないという制約はあるけど、JR西にしては珍しく「お一人さま」から使えるし、めっちゃお得なんで購入することに。
ただ一日につき3000枚限定で、初日にあたる10月1日分はスルーしたんだけど、なんか開始10分ぐらいで売り切れたとか。
取れるか微妙だけど、3連休のどれか一日、せっかくなので頑張って早起きしてみることに。
予約はネットの「e5489」から、早朝5時30分開始なのだ。
J‐Westカード持ってて以前から会員なので、あとはログインするだけ。
5時20分ぐらいに目覚め、パソコン立ち上げるのが面倒だったので、布団に入ったままスマホでチャレンジ。
最初しばらく繋がらなかったけど、5回ぐらい繰り返したら申し込み画面にたどり着けた!
そのあと、支払方法等設定して予約を押したものの今度は「処理中」画面のまま5分近く動かない。
やっぱダメなのかな~と思いつつ、下にある「画面が切り替わらない場合はこちら」ボタンを押してみると、なぜだか予約が完了してました。
メールチェックしてみると完了メールも届いてた。
ただカード支払いにしたはずなのに、なぜか駅での支払いになってたけど。。

ってことで今週中に支払いしなきゃいけなくなったので、最寄り駅の「みどりの発券機」で発券してきました~
30kippu.jpg

行先候補は何カ所かあるけど、まだどこに行くかは決めてないんだよね。
日帰りなのでうちの住んでる場所からだと、岡山より西なら余裕で元が取れる。
ただ「JR西」なので、新幹線が新大阪からしか乗れないのがちょっと面倒だけど。
まだ1か月あるのでいろいろ検討してみようと思います♪

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

タグ:JR 切符
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

夏の豊島日帰り旅その3 [国内旅行]

坂を一気に下り、唐櫃港の前を通って「心臓音のアーカイブ」へ。
sinon.jpg

瀬戸芸の時にうっかり行くのを忘れてて初めて鑑賞。
フランス人アーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーの作品。
世界中の人々から集めた心臓音と光の点滅を使ったインスタレーションです。

小さな暗い部屋で他人の心臓音が大きく鳴り響くのを聞くっていうのは変な感じだ。
どうにも息苦しく不安になってくる。
入場料が勿体ないと思いつつ、あっと言う間に出てきちゃいました。

こちらのパソコンでその他の心臓音も聞くことができます。
akaibu.jpg
知り合いとかが登録してるならともかく、知らない人の心臓音だけ聞いてもなぁって感じだけど。
ちなみに1500円払うと自分の心臓音を録音することもできるそうです。

作品的にはちょっと苦手だったけど、ここら辺の海の景色が素晴らしかったので来て良かった。
siono.jpg

続いてもう一つ見逃してた唐櫃地区の作品を見に戻ります。
行きは気持ちよく下ったけど、帰りはめちゃくちゃキツく豊島美術館前でちょこっと休憩。
こちらが今回の旅の相棒の電動自転車。
denjite.jpg

それから唐櫃地区にある「空の粒子」という作品へ。
前回どこにあるか場所が分からずスルーしちゃったのだ。
地図を頼りに向かったんだけど、後ろの木々と一体化してて今回もスルーしそうになっちゃったよ。
soraryu1.jpg
でも奥に立って空を入れて撮るといい感じ。
soraryu2.jpg
タイトルの意味がなんとなく分かります。

この作品のお隣には「唐櫃の清水」という湧き水がありました。
karatosimizu.jpg
今でも生活用水として使われているそうです。

そろそろ家浦港方面へと戻ります。

夏の豊島日帰り旅その4へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

夏の豊島日帰り旅その2 [国内旅行]

豊島美術館へ向かう途中の下り坂。
tem3.jpg
tem2.jpg
やっぱりここの景色は素晴らしい!
前回来た時は真っ青な空が広がってたんだけど、この日は淡いブルーの空にうっすら瀬戸内海の島々が見えて、前回とはまた違った雰囲気で素敵だった。

そして「豊島美術館」へ到着。
この美術館に再訪するのが今回の旅の一番の目的だったんだよね。
整理券も待ち時間もなくすぐに入場可。

美術館入口までの小径も海が見えて自然いっぱいで美しい。
tem5.jpg
umid.jpg

そして美術館に到着。
tem4.jpg
夏休み中だからそれなりに人はいたけど(半分ぐらい外国人だった)、瀬戸芸中ほどは混雑してなくて良かった。
1時間ぐらい水滴眺めたり寝転んだりとまったり過ごす。
ひたすらボーっとしてるだけなんだけど、なぜか癒される不思議な空間。
毎年訪れたいと思うほどお気に入りの場所になりました。(もちろん豊島という島自体も大好き)
次回は違う季節や天候(雨の日とかどんなだろう)の時に来てみたいな。

で、前回は整理券が出るほどだったから言われなかったんだけど、その日のうちは何度でも再入場可能なんだって。
次は最初にここにきて、途中お昼食べに出たりするのも良いかもな。

続いて、前回行けなかったクリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」へ向かいます。

夏の豊島日帰り旅その3へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

夏の豊島日帰り旅その1 [国内旅行]

7月末に去年瀬戸芸旅で訪れて気に入った瀬戸内海に浮かぶ香川県の島、豊島に今年も再訪。
同じく瀬戸芸旅で本島&高見島を日帰り出来たので、豊島も日帰りで行ってみました。

新幹線で岡山駅へ行き、そこから在来線に乗り換え宇野駅へ。
unesta.jpg
駅のすぐそばにある宇野港からフェリーに乗って豊島へ向かいます。
minato.jpg
フェリー乗り場は平日だけどけっこう人が多く、外国人観光客も沢山いたけど、ほとんどの人が直島行きの船に乗って行きました。
tesihune.jpg
豊島への船はけっこうガラガラ。
去年も同じ時間の船に乗ったんだけど、瀬戸芸があるのと無いのとではだいぶ違うんだなぁ。(それを考えると直島って凄いな)
まぁ空いてる方がゆっくり観光できるんで良いんだけどね。

船は40分ほど、お昼前には豊島の家浦港へ。
朝からずっと曇り空だったのが、ここに来て徐々に雲が薄くなってきた。
ieura1.jpg

着いてまず最初に自転車をレンタル。
去年は瀬戸芸中だから事前予約してたけど、今年は予約はせず。
港に併設されてて便利な「土庄町レンタサイクル」さんでお借りしました。
tonoren.jpg
電動自転車で4時間1000円です。

さっそく自転車に乗りまずは唐櫃地区へ向かいます。
去年来てるので道はバッチリだったけど、唐櫃へ向かう上り坂が記憶にあるよりもキツかったよー
陽射しが出てきて蒸し暑いし、電動自転車でもヘロヘロになりながら、なんとか到着。
ここでの目的は「島キッチン」というレストランでのランチです。
simakit.jpg
島の女性たちと丸ノ内ホテルのシェフが協働し考案したお料理が食べられるお店。
前回も気になってたけど瀬戸芸中だったので混んでて入れなかったんだよね。
基本、土日しか営業してないんだけど、夏休み中ってことで金曜日のこの日も開いてました。

少し早目の時間だったのもありまだ空いてた。(私が食べ終わるぐらいから混み始めた)
simakit2.jpg
ランチメニューは2種類あってキーマカレーと迷ったけど、限定30食ってことで"島キッチンセット"をチョイスしました~
simakit3.jpg
メインはお魚のフリット、これにサラダやスープなどがついてきます。
玉ねぎのポタージュが予想以上にガッツリ玉ねぎ味すぎてちと苦手だったけど、基本的にはどれもあっさりヘルシーで美味しかった。
ボリュームもけっこうあり、お腹いっぱいになったよ。

続いて、メインの目的地「豊島美術館」へ向かいます。

夏の豊島日帰り旅その2へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

お盆休みお出かけ [国内旅行]

お盆休みは基本ダラダラ過ごしてたけど、一日だけ友だちとお出かけしてきました。
と言っても近場。
車で40分弱、お隣の市にあるこちらの体験型観光農園へ。
tawada1.jpg
いろんな花が咲く庭園があったり、果物の収穫体験ができる農園があったり、手軽にバーベキューができる設備があったりする自然いっぱいの施設です。

入口近辺のショップとレストラン。
tawada2.jpg

入園料600円を払い中に入ると、思った以上に広かった。
友だちのお子ちゃまも一緒なので、まず最初に羊のいる牧場へ。
一番端っこの方にあって、めっちゃ遠い!
施設の中にミルキーウェイっていうちょっとした鉄道が走ってるんだけど、片道500円もするので、うちらは頑張って歩いたよ。

牧場には羊が7~8匹はいたかな。
牧場の中に入って触ったり(ウール100%だけあってフワフワ)、餌(有料)をやったりもできる。
まだ小さい子羊もいてめっちゃ可愛かった。
tawada3.jpg

羊牧場へ向かう道の途中にあるハウス栽培のぶどう園。
3~4種類ぐらい育てられてました。(収穫は8月下旬ぐらいかららしい)
budou.jpg

ランチは入り口そばにあるバイキングレストランへ。
さすがにお盆休みのお昼時ってことで10組以上の待ちだったけど、制限時間がある(60分)のと、諦める人も多く、けっこう早く順番が回ってきました。
baikin.jpg
野菜がメインのバイキングでヘルシーで美味しい。
ちょうどエスニックフェアをやってて、生春巻きとか、タイカレーがあったりしたのも嬉しかった。

食後はクラフト体験工房へ。
子供たちが羊毛フェルトに挑戦したいってことで、ちょこっとお手伝い。
1502534903639 (345x350).jpg
丸めた羊毛を特殊な針でひたすら刺してカタチを作りストラップなんかを作れるんだけど、難易度高い動物の形を選んじゃったので、けっこう大変だったよー
閉園時間ギリギリまで頑張ったものの結局完成せず、針は貰えるので友だちは家に帰ってから続きを作るって言ってました。

他にもいろいろ体験できるものがあって、なかなか充実した施設。
ここだけで一日楽しむことが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

宮城・岩手・福島を巡る東北旅行その6~会津若松 [国内旅行]

旅行最終日はレンタカーで会津若松へ向かいます。

宿を出て30分ほど走ると左手には猪苗代湖が見え、右手には磐梯山が見えるはずなんだけど、磐梯山は雲に隠れて残念ながら見えず。
bandai3.jpg
写真撮るために外に出たら超寒かった!!
全国的に気温が下がった日だった上に、ここら辺って標高けっこう高いんだよね。

猪苗代湖には白鳥(船)がいっぱい並んでました~
inawa1.jpg

ここからさらに20分ほどで会津若松の街中に。
まず最初の目的地は"鶴ヶ城(会津若松城)"です。
turugajo1.jpg

お堀がなかなか立派。
turugajo2.jpg

天守は1965年に再建されたもので、中は郷土博物館になってます。
turugajo.jpg
せっかくなので入ってみる。
大河ドラマ「八重の桜」を見てたので、けっこう興味深く見学することができたよ。

そして一番上の階は展望台になっています。
tenboda.jpg
奥にある山が白虎隊が自刃した飯盛山。

続いてこの飯盛山へと向かいます。
車で10分ほどで到着。
ただ飯盛山へ登るにはものすごい階段が待ち受けています!
iimori1.jpg

でも私と母は「動く歩道」(有料)でちょっと楽しちゃったよ。(父は歩いて登った)
erebe.jpg

最初に"白虎隊自刃の地"へ。
byako1.jpg
白虎隊の若者たちは、ここから炎の上がる鶴ヶ城を見て自刃することを選んだ。
でも実際には城が炎上していたのでは無かったってのがなんとも悲劇的で哀しいな。

ここから鶴ヶ城を見たら、思った以上に小さくしかお城が見えなかったので見間違えたのも無理ないかも。
byako2.jpg
写真では全然分からない。

白虎隊のお墓も近くにあったのでお参り。
byako3.jpg

それから、行きとは別のルートで降りる途中、なんだか変わったカタチの建物が。
saza1.jpg
こちら「さざえ堂」と言って二重螺旋という構造をしたお堂で、国の重要文化財です。
入場料を払って入ってみる。
中はまず登り坂になっていてお札がいっぱい貼られた最上階まで登りきると、そこから下り坂に。
saza3.jpg
そのまま誰ともすれ違うことなく堂内を巡って出口へ出ることができる。
sazaa3.jpg
元々西国三十三観音像が堂内に配置されていて「三十三観音参り」がここだけで出来てしまうという合理的な施設だったらしい。
それにしても何でこんな形にしたのだか、とても不思議な感覚になる建物だったよ。

飯盛山を出た後は、お昼ご飯を食べに喜多方へと移動します。
もちろん目的は"喜多方ラーメン"。
あまり時間がないので、喜多方に着いた時点で最初に目についたお店に入ることに。
それが、こちらの「大安食堂」さん。
kitaka1.jpg
かなり老舗のお店だったみたいです。
普通の醤油ラーメンを注文。
kitakata2.jpg
昔ながらの中華そばって感じで、麵が太めでモッチリしててスープとよく絡んで美味しかったな♪

食べたらすぐに郡山方面へ戻ります。
でもナビで時間確かめてみたら、意外と時間ありそうってことで、猪苗代湖にちょっと立ち寄り。
「志田浜」という綺麗な浜。
sidahama.jpg
ここで買ったソフトクリーム、美味しかったけど、ものすごい勢いで溶けてきてちょっと大変だった。
sohut.jpg

郡山に戻ってレンタカーを返却し、エキナカのお土産店で最後のショッピング。
「赤べこ」がめっちゃ可愛くて、いろいろ買っちゃった♪
akabko.jpg

そして行きと同じく東北新幹線と東海道新幹線を乗り継ぎ、家へと戻りました。

東北って思った以上に見どころ多いし、食べ物(特に魚介類)も美味しい!
3日で3県なのでかなりダイジェスト的な旅行になっちゃったし、天気も悪かったけど、初の東北、凄く楽しめました。
関西からだとちょっと遠いけど、いつかまた行ってみたいな。

東北旅行その1~仙台

東北旅行その2~松島

東北旅行その3~松島の宿

東北旅行その4~中尊寺

東北旅行その5~磐梯熱海温泉

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

宮城・岩手・福島を巡る東北旅行その5~磐梯熱海温泉 [国内旅行]

一ノ関から新幹線に乗り一時間ちょっとで福島県の郡山駅に到着。
kooriyama1.jpg

雨はすっかり止んでて良かったけど、風がめっちゃ強い。
駅から徒歩5分ほどの場所にあるレンタカー店へ。
車を借りて、疲れたのでこの日は宿へ直行することに。

郡山の街中を抜け、しばらく走って40分ぐらいで磐梯熱海温泉の「四季彩一力」に到着しました。
天皇陛下や英国のウィリアム王子などVIPも滞在したことがある老舗の大型旅館。
バブルぐらいまではめっちゃ繁盛してたんだろうなぁっていう雰囲気。
itirki2.jpg

ロビーが広いし、そこから見える日本庭園も広くて豪華。
itirik3.jpg

まずそのロビーでお抹茶とお菓子を頂きながらチェックイン。
女性は色浴衣を選べるサービスがあるので、私と母は選んでから部屋へ案内してもらいます。
館内は迷路のようで、部屋までめちゃ遠かった。
滞在中2回ぐらい道間違えたよ。。

お部屋は中に2部屋あって3人では広すぎるぐらい。
heya.jpg
窓からは庭園と後ろの山々が見えるので、紅葉の時期に来たら凄く綺麗だろうなぁ。
bandai5.jpg

一息ついてから温泉へ。
こちらのお湯はアルカリ性単純泉で少しとろみがあるのが特徴。
しっかり温まる上に、お肌にも良いのが嬉しい!
ゆっくりと浸かって体の疲れを癒しました~

温泉の後はお部屋でお食事。
yushoku.jpg
またまた殻付きウニ、福島牛は豆乳しゃぶしゃぶで。
これ以外にも次々出てきて凄いボリューム。
どれも美味しかったけど、ただ2日連続会席料理ってなかなかキツイ。
まだそんなに食欲回復してなかったこともあり、けっこう残してしまいました。

この日の夜は昨夜寝られなかったこともあり、めちゃくちゃ早目に就寝。
朝はその分早く目が覚めたけど、しっかり熟睡できました。

早朝にもう一度温泉入ってから朝食会場で朝ごはん。
昨日と違って食欲完全回復!
メインの花かご膳プラス、ちょっとしたバイキングもあって朝からいっぱい食べてしまったよ。
asakaise1.jpg
asakaise2.jpg
ヘルシーな和食膳で、いかにんじんとか福島の郷土料理もあって美味しかった♪

食後はあまり時間がないのですぐに出発。
レンタカーで会津若松へと向かいます。

東北旅行その6~会津若松へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

宮城・岩手・福島を巡る東北旅行その4~中尊寺 [国内旅行]

タクシーで松島駅に行き、そこから在来線で1時間半かけ岩手の一ノ関駅へ。
朝からかなり強めの雨が降ってたんだけど、一ノ関に着いてもまだまだ雨降り。
この先も雨は止みそうにないので、合羽を購入し、雨の中の観光に備えます。

ここからふたたびタクシーで移動。
20分ちょっとで世界遺産、平泉の中尊寺前に到着しました~
ザーザー降りの中、傘を差して出発。
chuson1.jpg

序盤、結構キツイ坂道を登らなきゃいけない。
足元気を付けなきゃいけないし、傘も差さなきゃいけないしでちょっと大変。
chuson2.jpg
でも雨に濡れた木々は緑が濃くなって綺麗です。
chuson3.jpg

境内には中尊寺以外にも様々なお堂が建ってるんだけど、まず最初にたどり着いたのが"弁慶堂"。
benkeido.jpg
中に弁慶と義経の像があるらしんだけど閉まってた。

さらに歩いて"中尊寺"の本堂に到着。
chuson4.jpg
ここはお寺だけで"金色堂"はまた離れた場所にあります。
まずはお参り。
chuson5.jpg
この日は雨なので観光客はそれほど多くなかったんだけど、近辺の学校の課外授業の場所になってるらしく、そこらじゅうで小学生or中学生の団体を見かけたよ。

お参りを済ませたあたりから、雨が小降りになってきて良かった。
ふたたび歩いて金色堂をめざします。
まずチケット売り場に到着。
拝観券を購入し、こちらの建物に併設されてる宝物館を先に見学。
仏像などがいろいろ貴重なものが展示してありました。

そしてお隣にある金色堂へ向かいます。
この覆堂と呼ばれる建物の中に"金色堂"があるのです。
中は撮影禁止。
konjiki.jpg
入るとちょうど中国系(台湾人?)の団体さんがいて中国語の案内が流れてるところだったのでしばし待つ。
みんな案内に真剣に耳を傾け見学してました。

団体さんが去った後は人も少なくなり、すぐ近く(と言ってもガラス越しだけど)で日本語の案内を聞きながらじっくりゆっくりと見ることができました。
金ピカなのはもちろん、細部まで細かく意匠が凝らされていてゴージャスだったよ~

さらに道を進んでこちらは旧覆堂。
kyuoi.jpg
昔の人はこの中で金色堂を見てたんだねぇ。

「五月雨の降り残してや光堂」という句を詠んだ松尾芭蕉の像。
bashozo.jpg

目に後利益がある峯薬師堂の「目の絵馬」。
mekamisa.jpg
「め」がいっぱい並んでてインパクトあります。

下山後はお昼ごはん。
お土産物店の上にあるフードコートみたいなところで簡単に済ませる。
私は一応岩手名物ってことで"盛岡じゃじゃ麺"を注文。
iwamen.jpg
味はまぁ普通。
ただ食欲がそんなに戻ってなかったので、最後の方はけっこうきつかった。

食後、土産物を見てたら、止んでた雨がまた降り出し、しかも豪雨って感じのドシャ降りに。
中尊寺の見学中にこんな大雨にならなくて良かったけど、でも駅へ戻るタクシーを捕まえなきゃいけないので乗り場までダッシュ。
短い距離だけど足元とかけっこう濡れちゃったよ。
運良く、すぐにタクシーを捕まえられたので、そのまま一ノ関駅へ。
毛越寺にも行きたかったんだけど、この雨だし、中尊寺で体力使っちゃったから断念しました。

ここからの移動は新幹線。
時間まで1時間ほど駅で休憩。
sinkanse.jpg
「やまびこ」で東北3県目の福島へと向かいます。

東北旅行その5~磐梯熱海温泉へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の15件 | - 国内旅行 ブログトップ