So-net無料ブログ作成
検索選択
国内旅行 ブログトップ
前の15件 | -

宮城・岩手・福島を巡る東北旅行その6~会津若松 [国内旅行]

旅行最終日はレンタカーで会津若松へ向かいます。

宿を出て30分ほど走ると左手には猪苗代湖が見え、右手には磐梯山が見えるはずなんだけど、磐梯山は雲に隠れて残念ながら見えず。
bandai3.jpg
写真撮るために外に出たら超寒かった!!
全国的に気温が下がった日だった上に、ここら辺って標高けっこう高いんだよね。

猪苗代湖には白鳥(船)がいっぱい並んでました~
inawa1.jpg

ここからさらに20分ほどで会津若松の街中に。
まず最初の目的地は"鶴ヶ城(会津若松城)"です。
turugajo1.jpg

お堀がなかなか立派。
turugajo2.jpg

天守は1965年に再建されたもので、中は郷土博物館になってます。
turugajo.jpg
せっかくなので入ってみる。
大河ドラマ「八重の桜」を見てたので、けっこう興味深く見学することができたよ。

そして一番上の階は展望台になっています。
tenboda.jpg
奥にある山が白虎隊が自刃した飯盛山。

続いてこの飯盛山へと向かいます。
車で10分ほどで到着。
ただ飯盛山へ登るにはものすごい階段が待ち受けています!
iimori1.jpg

でも私と母は「動く歩道」(有料)でちょっと楽しちゃったよ。(父は歩いて登った)
erebe.jpg

最初に"白虎隊自刃の地"へ。
byako1.jpg
白虎隊の若者たちは、ここから炎の上がる鶴ヶ城を見て自刃することを選んだ。
でも実際には城が炎上していたのでは無かったってのがなんとも悲劇的で哀しいな。

ここから鶴ヶ城を見たら、思った以上に小さくしかお城が見えなかったので見間違えたのも無理ないかも。
byako2.jpg
写真では全然分からない。

白虎隊のお墓も近くに建てたのでお参り。
byako3.jpg

それから、行きとは別のルートで降りる途中、なんだか変わったカタチの建物が。
saza1.jpg
こちら「さざえ堂」と言って二重螺旋という構造をしたお堂で、国の重要文化財です。
入場料を払って入ってみる。
中はまず登り坂になっていてお札がいっぱい貼られた最上階まで登りきると、そこから下り坂に。
saza3.jpg
そのまま誰ともすれ違うことなく堂内を巡って出口へ出ることができる。
sazaa3.jpg
元々西国三十三観音像が堂内に配置されていて「三十三観音参り」がここだけで出来てしまうという合理的な施設だったらしい。
それにしても何でこんな形にしたのだか、とても不思議な感覚になる建物だったよ。

飯盛山を出た後は、お昼ご飯を食べに喜多方へと移動します。
もちろん目的は"喜多方ラーメン"。
あまり時間がないので、喜多方に着いた時点で最初に目についたお店に入ることに。
それが、こちらの「大安食堂」さん。
kitaka1.jpg
かなり老舗のお店だったみたいです。
普通の醤油ラーメンを注文。
kitakata2.jpg
昔ながらの中華そばって感じで、麵が太めでモッチリしててスープとよく絡んで美味しかったな♪

食べたらすぐに郡山方面へ戻ります。
でもナビで時間確かめてみたら、意外と時間ありそうってことで、猪苗代湖にちょっと立ち寄り。
「志田浜」という綺麗な浜。
sidahama.jpg
ここで買ったソフトクリーム、美味しかったけど、ものすごい勢いで溶けてきてちょっと大変だった。
sohut.jpg

郡山に戻ってレンタカーを返却し、エキナカのお土産店で最後のショッピング。
「赤べこ」がめっちゃ可愛くて、いろいろ買っちゃった♪
akabko.jpg

そして行きと同じく東北新幹線と東海道新幹線を乗り継ぎ、家へと戻りました。

東北って思った以上に見どころ多いし、食べ物(特に魚介類)も美味しい!
3日で3県なのでかなりダイジェスト的な旅行になっちゃったし、天気も悪かったけど、初の東北、凄く楽しめました。
関西からだとちょっと遠いけど、いつかまた行ってみたいな。

東北旅行その1~仙台

東北旅行その2~松島

東北旅行その3~松島の宿

東北旅行その4~中尊寺

東北旅行その5~磐梯熱海温泉

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
nice!(13) 
共通テーマ:旅行

宮城・岩手・福島を巡る東北旅行その5~磐梯熱海温泉 [国内旅行]

一ノ関から新幹線に乗り一時間ちょっとで福島県の郡山駅に到着。
kooriyama1.jpg

雨はすっかり止んでて良かったけど、風がめっちゃ強い。
駅から徒歩5分ほどの場所にあるレンタカー店へ。
車を借りて、疲れたのでこの日は宿へ直行することに。

郡山の街中を抜け、しばらく走って40分ぐらいで磐梯熱海温泉の「四季彩一力」に到着しました。
天皇陛下や英国のウィリアム王子などVIPも滞在したことがある老舗の大型旅館。
バブルぐらいまではめっちゃ繁盛してたんだろうなぁっていう雰囲気。
itirki2.jpg

ロビーが広いし、そこから見える日本庭園も広くて豪華。
itirik3.jpg

まずそのロビーでお抹茶とお菓子を頂きながらチェックイン。
女性は色浴衣を選べるサービスがあるので、私と母は選んでから部屋へ案内してもらいます。
館内は迷路のようで、部屋までめちゃ遠かった。
滞在中2回ぐらい道間違えたよ。。

お部屋は中に2部屋あって3人では広すぎるぐらい。
heya.jpg
窓からは庭園と後ろの山々が見えるので、紅葉の時期に来たら凄く綺麗だろうなぁ。
bandai5.jpg

一息ついてから温泉へ。
こちらのお湯はアルカリ性単純泉で少しとろみがあるのが特徴。
しっかり温まる上に、お肌にも良いのが嬉しい!
ゆっくりと浸かって体の疲れを癒しました~

温泉の後はお部屋でお食事。
yushoku.jpg
またまた殻付きウニ、福島牛は豆乳しゃぶしゃぶで。
これ以外にも次々出てきて凄いボリューム。
どれも美味しかったけど、ただ2日連続会席料理ってなかなかキツイ。
まだそんなに食欲回復してなかったこともあり、けっこう残してしまいました。

この日の夜は昨夜寝られなかったこともあり、めちゃくちゃ早目に就寝。
朝はその分早く目が覚めたけど、しっかり熟睡できました。

早朝にもう一度温泉入ってから朝食会場で朝ごはん。
昨日と違って食欲完全回復!
メインの花かご膳プラス、ちょっとしたバイキングもあって朝からいっぱい食べてしまったよ。
asakaise1.jpg
asakaise2.jpg
ヘルシーな和食膳で、いかにんじんとか福島の郷土料理もあって美味しかった♪

食後はあまり時間がないのですぐに出発。
レンタカーで会津若松へと向かいます。

東北旅行その6~会津若松へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
nice!(12) 
共通テーマ:旅行

宮城・岩手・福島を巡る東北旅行その4~中尊寺 [国内旅行]

タクシーで松島駅に行き、そこから在来線で1時間半かけ岩手の一ノ関駅へ。
朝からかなり強めの雨が降ってたんだけど、一ノ関に着いてもまだまだ雨降り。
この先も雨は止みそうにないので、合羽を購入し、雨の中の観光に備えます。

ここからふたたびタクシーで移動。
20分ちょっとで世界遺産、平泉の中尊寺前に到着しました~
ザーザー降りの中、傘を差して出発。
chuson1.jpg

序盤、結構キツイ坂道を登らなきゃいけない。
足元気を付けなきゃいけないし、傘も差さなきゃいけないしでちょっと大変。
chuson2.jpg
でも雨に濡れた木々は緑が濃くなって綺麗です。
chuson3.jpg

境内には中尊寺以外にも様々なお堂が建ってるんだけど、まず最初にたどり着いたのが"弁慶堂"。
benkeido.jpg
中に弁慶と義経の像があるらしんだけど閉まってた。

さらに歩いて"中尊寺"の本堂に到着。
chuson4.jpg
ここはお寺だけで"金色堂"はまた離れた場所にあります。
まずはお参り。
chuson5.jpg
この日は雨なので観光客はそれほど多くなかったんだけど、近辺の学校の課外授業の場所になってるらしく、そこらじゅうで小学生or中学生の団体を見かけたよ。

お参りを済ませたあたりから、雨が小降りになってきて良かった。
ふたたび歩いて金色堂をめざします。
まずチケット売り場に到着。
拝観券を購入し、こちらの建物に併設されてる宝物館を先に見学。
仏像などがいろいろ貴重なものが展示してありました。

そしてお隣にある金色堂へ向かいます。
この覆堂と呼ばれる建物の中に"金色堂"があるのです。
中は撮影禁止。
konjiki.jpg
入るとちょうど中国系(台湾人?)の団体さんがいて中国語の案内が流れてるところだったのでしばし待つ。
みんな案内に真剣に耳を傾け見学してました。

団体さんが去った後は人も少なくなり、すぐ近く(と言ってもガラス越しだけど)で日本語の案内を聞きながらじっくりゆっくりと見ることができました。
金ピカなのはもちろん、細部まで細かく意匠が凝らされていてゴージャスだったよ~

さらに道を進んでこちらは旧覆堂。
kyuoi.jpg
昔の人はこの中で金色堂を見てたんだねぇ。

「五月雨の降り残してや光堂」という句を詠んだ松尾芭蕉の像。
bashozo.jpg

目に後利益がある峯薬師堂の「目の絵馬」。
mekamisa.jpg
「め」がいっぱい並んでてインパクトあります。

下山後はお昼ごはん。
お土産物店の上にあるフードコートみたいなところで簡単に済ませる。
私は一応岩手名物ってことで"盛岡じゃじゃ麺"を注文。
iwamen.jpg
味はまぁ普通。
ただ食欲がそんなに戻ってなかったので、最後の方はけっこうきつかった。

食後、土産物を見てたら、止んでた雨がまた降り出し、しかも豪雨って感じのドシャ降りに。
中尊寺の見学中にこんな大雨にならなくて良かったけど、でも駅へ戻るタクシーを捕まえなきゃいけないので乗り場までダッシュ。
短い距離だけど足元とかけっこう濡れちゃったよ。
運良く、すぐにタクシーを捕まえられたので、そのまま一ノ関駅へ。
毛越寺にも行きたかったんだけど、この雨だし、中尊寺で体力使っちゃったから断念しました。

ここからの移動は新幹線。
時間まで1時間ほど駅で休憩。
sinkanse.jpg
「やまびこ」で東北3県目の福島へと向かいます。

東北旅行その5~磐梯熱海温泉へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(11) 
共通テーマ:旅行

宮城・岩手・福島を巡る東北旅行その3~松島の宿 [国内旅行]

1泊目の宿は松島の岬に立つ11部屋しかない小さな宿「松島佐勘 松庵(しょうあん)」です。
秋保温泉にある「佐勘」というお宿の別邸になるみたい。

周りは自然しかなく、静かで緑いっぱい。
shoan1.jpg
iriguti.jpg

宿に入って最初に通されるのが「くら」というラウンジ。
モダンな雰囲気で置いてあるインテリアがどれも素敵。
こちらで好きな椅子に座ってお抹茶とお菓子を頂きながらチェックイン。
kura1.jpg
kura2.jpg

それから部屋へと案内してもらいます。
heya33.jpg
落ち着いた雰囲気で居心地良し。
そして何よりお部屋からの風景が素晴らしい!
着いた時は潮が引き気味だったので、こちらは翌朝撮った写真。
matusimaw.jpg
雨で少しモヤがかかってるけど、それもまた美しかった。

一息ついた後は、宿の敷地にある遊歩道を散策。
緑いっぱいの道を歩いていくと、途中二手に分かれてるので「海原への小路」の方へ行ってみた。
yuhodo1.jpg

岬の先に出ることができ、ここからも海を眺めることができます。
机と椅子が置いてあり、宿に頼めばこちらでシャンパンなんかを頂くこともできるそう。
けっこう木が生い茂ってるので座ると海はちょっと見えづらいけどね。
yuhodo2.jpg

宿に戻って、夕食の前にお風呂で疲れを落とします。
こちらは残念ながら温泉では無いんだけど、露天風呂はバラの花が置いてあって浮かべることができたり、ちょっと優雅な気分に浸れたよ~
barabu.jpg
宿泊客が少ないので一度も他の宿泊客と会わず、母と二人ほぼ貸し切りでお風呂を満喫できたのも良かった。

そしてお待ちかねの夕食は食事処の個室で頂きます。
こちらは前菜。
zensai1.jpg
殻付きウニって初めて食べたよ~新鮮な物ってこんなに甘くて美味しいんだねぇ。
ubi.jpg
ウニ以外も海に近いだけあって魚介類は何を食べても旨い!
工夫を凝らした料理が次々出てきてめっちゃおなか一杯になりました~

ただ調子に乗って食べすぎ&飲みすぎたのが大失敗。
夜中、気持ちが悪くなってしまい、ほとんど眠れず。
翌朝も調子がいまいち回復せず、せっかくの朝食だったのにほとんど食べられなかったよ…
最初に出てきた梅昆布茶とお粥に救われました。
umekobu.jpg

次の予定の都合で朝8時すぎには宿を出発。
朝食時間を出発の都合で7時半に早めてもらったり(本当は8時から)、仲居さん初めスタッフの方たちがとても親切で居心地の良い宿でした。
ちと今回は慌ただしかったので、もっと時間に余裕があるときに、ゆったりノンビリ泊まりたかったな。

東北旅行その4~中尊寺へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
nice!(9) 
共通テーマ:旅行

宮城・岩手・福島を巡る東北旅行その2~松島 [国内旅行]

仙台から50分ぐらいで松島海岸駅に到着。
matusieki.jpg

まだ雨が降ったままなので、とりあえず観光船の乗り場へ向かいます。
松島湾一周の船が一時間ごとに出てるので、約40分後の船に乗ることに決め、隣接する観光協会の建物の中で時間まで休憩して待つことに。
天気が良かったらすぐそばにある「国宝 瑞巌寺」に行きたかったんだけどねぇ。

仙台で買った"ずんだ餅"を食べてたら、そろそろ船の時間。
50分で日本三景の松島湾をぐるっと一周します。
matusi3.jpg
matusi4.jpg
平日でしかも天気悪いので乗客は10数人程度とちょっと寂しかった。

雨のせいで船の窓が濡れてるので写真が上手く撮れない。
matushi5.jpg

でも次第に小振りになってきたので、デッキに出てみた。
simasi1.jpg
simasi2.jpg
面白い形の小さな島が沢山あって、雰囲気は瀬戸内海に似てる。
天気が良かったらもっときれいだったんだろうなぁ。

船を降りると雨はすっかり止んでたので、隣にある「五大堂」をちょっと見ていくことに。
「五大堂」は小さな島の上に建っていて、この赤い橋で繋がってます。
godai1.jpg
で、この橋「すかし橋」になっていて、実際渡ってみるとけっこう怖い。
godai2.jpg

お堂は小さいけれど歴史を感じられる立派なつくりの建物でした。
godai3.jpg

松島観光はこれにて終了。
天気が悪くてあまり動き回れなかったけど、最後に五大堂だけでも見れて良かった。

タクシーでこの日の宿へと移動します。

東北旅行その3~松島の宿へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(15) 
共通テーマ:旅行

宮城・岩手・福島を巡る東北旅行その1~仙台 [国内旅行]

6月初めに両親と東北に行ってきたので、薄くなりつつある記憶をたどりながら旅行記書いときます。

2泊3日で宮城、岩手、福島の3県を巡ってきました。
今回は飛行機ではなく、新幹線を乗り継いで向かいます。
1日目、東海道新幹線でまずは東京へ行き、そこから東北新幹線「はやぶさ」に乗換。
乗換時間10分だったけど、スムーズに乗換完了。
私、初東北新幹線に乗車です。
haya2.jpg
この新幹線の終点駅は新函館北斗駅。
これで北海道まで行けちゃうんだよねぇ。
いつか新幹線で行ってみたいな。

仙台駅までは1時間半程度なのでアッという間。
12時少し前に最初の目的地、宮城県の仙台に到着しました~
seneki.jpg
両親は何度か来てるけど、私は東北地方初上陸です!
ただ天気は微妙で、雨が降ってる上に風も強い。
今回の旅行あまり天気に恵まれず、この先も雨の中の旅が続きます。

ここでは1時間ちょっとしか時間が無いので昼食を食べるのみ。
仙台といえば牛タンでしょってことで、事前に調べておいたお店へ。
「牛たん炭焼 利久」という仙台駅周辺に何件もある人気店で、私たちは「西口本店」へ行ってみました。
"牛たん定食"を注文。
gyutan.jpg
牛タンって焼き肉屋で薄く切られたやつをたまに食べるぐらいだから、こんな厚切りをガッツリ食べるなんて初めて。
ぶ厚いけど柔らかくておいしかった~
セットのテールスープと麦ごはんもたっぷり量があったし、めっちゃおなか一杯になりました。

食後は少し時間が余ったので、駅前のアーケードのある商店街をぶらぶら。
この商店街、雨降ってたのもあるけど平日だというのに凄い人多くてびっくりだった。
sendai.jpg
そういえば楽天の本拠地だったね。

仙台駅に戻り、最後に"ずんだシェイク"。
zunda.jpg
思ったほど"ずんだ"感がなくて少し期待外れだったな。

仙石線のホームへ移動。(駅の端っこの方にあり、余裕をもって向かって正解だった)
sendai3.jpg
ここから松島海岸へと向かいます。

東北旅行その2~松島へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(14) 
共通テーマ:旅行

名古屋でみきゃんに遭遇 [国内旅行]

3連休に名古屋へお出かけ。
nagoy.jpg

4月に開業したばかりのJRゲートタワーにある「梅丘寿司の美登利総本店」でお寿司食べてきた。
susi.jpg
ネタが大きくて新鮮でおいしかった~
連休中で物凄い人だったけど、整理券があって、あまり並ばず入れたのも良かった。

そのあと、タカシマヤの催事場で四国物産展をやってたので行ってみたら、タイミングよく愛媛のゆるきゃら"みきゃん"登場!!
去年の秋に愛媛行ったので"みきゃん"ちょっと気になってたんだよね~
mikyan1.jpg
最初はお子様に囲まれてたけど、デパートってことでそれほどお子様もおらず、すぐにフリーになっていろいろポーズ取ってくれて可愛かった♪

そしてみきゃんと共に登場したコイツ。
mikyan2.jpg
腐ったミカンから生まれたっていう無茶なコンセプトのゆるキャラで"ダークみきゃん"って言うそう。

mikkya3.jpg
一応みきゃんの敵役っていう設定だけど、終始仲良しな感じだったよ。

四国物産展ではせっかくなので愛媛銘菓の"タルト"を買って帰りました。
(季節限定の甘夏みかんタルトが美味しかった!)

タグ:名古屋 愛媛
nice!(13) 
共通テーマ:地域

関西1デイパスで行く日帰り姫路旅~後編 [国内旅行]

関西1デイパスで行く日帰り姫路旅~前編からの続き。

外に出て大天守を間近から見上げる。
himejijo8.jpg
himejijo.jpg
近くで見るとさらに迫力あるな~
そして写真に撮ると白さが際立ってちょっと模型っぽく見える。

続いて西の丸へ。
このあたりから見る姫路城も良いな~
nisini.jpg

西の丸長局(百間廊下)と化粧櫓の中も見学しておく。
ひたすら長い廊下。
roka.jpg

建物の中からも姫路城が見えます。
roka2.jpg

ポツンと置かれた千姫人形がちょっと怖いよ。
senhime.jpg
こちらは天守に比べて観光客少なめなのでゆっくり見て回ることができました。

姫路城を後にし少し休憩。
暑かったのでソフトクリームでクールダウン。
soic.jpg

それから隣にある「好古園」へ。(正式名称は「姫路城西御屋敷跡庭園」)
武家屋敷跡などの遺構を活かして、平成4年に造営された池泉回遊式の日本庭園。
9つの庭園がありそれぞれ様々な風景を見ることができます。

こちらも新緑がとても美しい。
kouko1.jpg
池にはめっちゃ沢山錦鯉がいた。
kouko2.jpg
綺麗な庭園だけど、ただ、アジア系外国人の団体が多く、騒々しくて雰囲気台無しだったよ。

いろいろ見て回り満足したので、そろそろ駅へ。
時間があれば、神戸へ寄ろうと思ってたんだけど、意外と時間を使っちゃったので、そのまま帰ることに。

でも帰る前にもう一つB級グルメを食べに行きます♪
「えきそば」と同じくグランフェスタの中にあるフードコート「タコピア」へ。
こちらで"明石焼き風たこ焼き"を頂きます。
akasiyaki.jpg
焼きたて熱々のたこ焼きを、これまた熱々な出汁に浸して食べる。
めっちゃフワフワ、トロトロで旨い!
そしてこれ、姫路ならではの食べ方があって、ソースを付けてから出汁に浸して食べるんですよね。
akasi2.jpg
なんでそんな食べ方になったのか不思議だけど、せっかくなので、半分はソースつけて食べてみた。
これ、意外と合うね~
明石焼きって美味しいけど途中でちょっと飽きるので、味が変化して良いです。

最後に駅の展望デッキから、姫路城とお別れ。
himeji.jpg

帰りも新快速で3時間かけて家へと戻りました。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

nice!(20) 
共通テーマ:旅行

関西1デイパスで行く日帰り姫路旅~前編 [国内旅行]

北陸旅行記がまだ途中だけど、先日、有給消化でちょこっと姫路へ行ってきたので先に書いときます。

今回は「春の関西1デイパス」を利用。
kansai1.jpg
3600円で関西のJRが一日乗り放題になり、私鉄のチケットや観光施設の割引なんかもついてくる、上手く使えばそこそこお得な切符。
今回は片道だけで3000円超えるので余裕で元取れました。

朝8時ごろ最寄駅から新快速に乗車。
始発駅の隣の駅なので朝の混む時間帯だったけど余裕で座れた。
姫路まではこれ1本で着いちゃうけど、3時間もかかるので流石にちょっとしんどかったな。

お昼11時少し前に姫路駅に到着。
himejieki.jpg

まずは腹ごしらえ。姫路のB級グルメ「えきそば」を食べに行きます。
姫路駅構内にある立ち食いそば屋さんだけど、駅以外にも何店舗かあり、私は駅前のグランフェスタというビルの中にある店舗に行きました。
こちらは座って食べられます。

"きつねえきそば"を注文。
ekisoba.jpg
見た目は普通の"きつねそば"だけど、これ、実は麺が"中華そば"なんだよね。
中華そばに合うように作られた和風だしで違和感なく、あっさりしてて美味しかったです♪

お腹も満たされたので、この日の目的地「国宝・姫路城」へ。
徒歩20分弱ぐらいで着きましたー
himejijo1.jpg

遠くから見ても貫禄あり。
改修が終わって2年経つけど、まだまだ白いです。
数年後には漆喰にカビが生えて徐々に黒くなっていくらしいので、今のうちに見ておきたかったんだよね。
himejijo2.jpg

入場券売り場で「好古園」との共通券を購入。(40円しか違わなかったので)
nyujoken.jpg
さっそく入城します。

入ってすぐのところに建ってる明治初期の鳥瞰図。
choka.jpg
こうやって見ると、めちゃくちゃ広くて複雑な構造になってるんだなぁ。

少しづつ大天守が近づいてきます。
haruhime.jpg
himeji3.jpg
春って天気が良くても空が霞んでたりすることが多いんだけど、この日はスカッと晴れてて、新緑と青い空と白い姫路城の組み合わせがステキでした。

そして大天守内部へ。
外は天気良くてちょっと汗ばむぐらいだったけど、中はヒンヤリ涼しい。
平日だけどまだまだ観光客多くて、上の階に行くほど混雑してなかなか進まなかったよ。

それでもなんとか最上階に到着。

天守に神社があった。(長壁神社)
jinjhime.jpg

さすがに景色は抜群。(これは姫路駅方面)
kesi.jpg

ただ、人が多すぎて長居はできず、ささっと見物してすぐに階段を下りて出ちゃいました。
平日でこの人の多さって、休日だといったいどれぐらいの人が来るんだろ。

関西1デイパスで行く日帰り姫路旅~後編へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

nice!(11) 
共通テーマ:旅行

GW日帰り奈良一人旅4~奈良国立博物館 [国内旅行]

東大寺からバスで一旦、近鉄奈良駅方面へ戻ります。

ランチのお店は何件かピックアップしてたんだけど、この辺りからちょびっと風邪の兆候が表れていたので、あっさりしたものが食べたくなり、ベトナム料理のお店に行くことにしました~

近鉄奈良駅そばの東向商店街にある「コムゴン」というお店です。
for2.jpg

13時少し前ってことで混雑する時間帯だったけど、運よくカウンター席が一つ空いてた。
ランチメニューは10種類ぐらいあり、知らない料理も沢山あって迷う。
でも初めてのお店なので定番のフォーランチにしました。

しばらくすると運ばれてきた!
for.jpg
フォーと煮豚と高菜の炒め御飯、それにサラダが付いたセットです。
パクチーは別皿で付いてて、昔は苦手だったけど、最近はそうでもないので全部入れてみた。
フォーにはパクチーがあるほうがアクセントになって良いね。
あっさりさっぱりして食べやすかった。
煮豚ごはんもちょっぴり濃い目の味付けがごはんと合って美味しい。
フォーは鶏肉沢山乗ってるし、ごはんもあるのでボリュームたっぷり。
めっちゃおなか一杯になって店を後にしました。
こちらのお店、京都にもあるらしいので、今度京都行った時に別のメニュー食べてみたいな♪

最初の予定ではこの後、法隆寺へ行こうと思ってたんだけど、体調が万全でないこともあり、予定変更、このまま奈良市内をぶらぶらすることに。
まずは"ならまち"方面へ。
特に目当てがあるってわけでもなかったので、無料の資料館に入ったぐらいですぐに退散。
naramati.jpg
↑「さるぼぼ」じゃなく「身代わり猿」っていうらしい。

猿沢池を通り、興福寺を横目に見ながら移動。
iken.jpg
kouhukuji.jpg

こちらの「奈良国立博物館」が最後の目的地です。
narahakubu1.jpg
現在開催されている特別展「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」を鑑賞。
快慶は鎌倉時代を代表する仏師で、さっき見た東大寺南大門の金剛力士像を作った人らしい。(運慶との共作)
↓これです。ほぼ実物大らしい!
todai.jpg

そんな快慶の作品を集めた大規模展。
仏像に詳しくない私でも圧倒される作品の数々。
めちゃくちゃ見ごたえありました~
「快慶展」だけじゃなく隣の「仏像館」も見られるので、全部見終わるのにけっこう時間かかったよー

博物館を出て、ここでシカともお別れ。
narasika.jpg

ふたたびバスで近鉄奈良駅に戻り、最後に「日本市」というお洒落な雑貨店で奈良らしい手ぬぐいを購入。
(あとで調べたら中川政七商店がやってるshopなのね)
tenugui1.jpg

帰りは特急ではなく、急行でノンビリと京都まで戻りました。

体調不良で結局奈良市内だけになっちゃったけど、一応「世界遺産きっぷ」の元は取れたので良かった。
意外と日帰りでも旅気分を味わうことができるし、近場で行きたいところも沢山あるので、またふらっと出かけてみようかな。

GW日帰り奈良一人旅1~藤の園へ戻る。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

nice!(19) 
共通テーマ:旅行

GW日帰り奈良一人旅3~東大寺 [国内旅行]

「春日大社」の次に向かったのは、こちらも世界遺産、奈良の超定番観光地「東大寺」です。

最初は徒歩で行こうと思ってたんだけど、歩き疲れてたこともありバスで移動することに。
バス乗り放題のチケットもついてるので使わなきゃ勿体ないしね~
バス停に向かうとタイミングよく東大寺方面行きが来たので乗り込み、あっと言う間に到着。

春日大社も人多かったけど、このあたりも大混雑。
GWとは言え一応平日なんだけど、遠足等のメッカなので子供もたくさんいた。
そして外国人もめちゃくちゃ多かった。
半分ぐらいは日本人じゃなかった気がするな。
ちょうどお昼時ってこともあり、賑わう屋台を横目に「東大寺」へと向かいます。

まずは国宝にもなってる南大門。
todai2.jpg
めちゃくちゃ立派な門だった!
写真撮り忘れたけど両脇にいる金剛力士像も凄い迫力ありました。

中門までの道も凄い人。
toudai1.jpg

そしてこちらも国宝になってる金堂(大仏殿)です。
toudai3.jpg

もちろん中には大仏様が鎮座されておられます。
なんか思ったよりも小さく感じる。
daibutu.jpg
斜め横からのアングルなのは何かの行事の準備中で、正面に行けなかったから。

あと金堂って大仏様だけかと思ってたら、いろんな像が安置されてるんだね。
kokuu.jpg
tamon.jpg

それから、この「柱くぐり」めっちゃ行列が出来てました~
思った以上に穴が小さく、絶対くぐれへんわーって思ったのでもちろん並ばなかったよ。
anakuguri.jpg
けっこう細身な外国人の男性が奮闘してたけど、あえなく戻ってました。
これ、子供ぐらいしか無理じゃないかなぁ。

大仏様を見終わり、そろそろお昼ごはんを食べに移動します。

GW日帰り奈良一人旅4~奈良国立博物館へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
nice!(18) 
共通テーマ:旅行

GW日帰り奈良一人旅2~春日大社 [国内旅行]

藤を見た後は「春日大社」に参拝。
「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産登録されています。
KASUGA1.jpg

この立派な南門をくぐると幣殿・舞殿があります。
KASUGA2.jpg
そこでお参りしても良いんだけど、せっかくなので初穂料として500円を払い御本殿に参拝することに。

この中門の奥に御本殿があるのです。
NAKAMON.jpg
そこまでは入ることができないので、こちらでお参りします。

それから東回廊へ。
釣燈籠がめちゃ沢山並んでました。
KAIRO.jpg
いろんなデザインの燈籠があって楽しい。

そして、この建物の鮮やかな朱色と落ち着いた緑色のコントラストが素敵。
ORAN1.jpg

続いて、春日大社で年三回行われる「万燈籠神事」を再現した施設「藤浪之屋」へ。
HUJINAMI.jpg
光が遮断された部屋に鏡が張ってあり、燈籠が何基もあるように見えて、幻想的で美しかったな。

延命長寿の神様を祀った多賀神社の上にも藤の花が咲いてました。
TAGAS.jpg

参拝と見学を済ませた後は"鹿みくじ"を引いてみる。
木彫りと陶器の2種類あったんだけど、素朴さに惹かれて木彫りの方にしました。
mikuji.jpg
おみくじの結果は「末吉」と微妙。。
「砂ずりの藤」といわれる藤棚の下に結んでおきました。
sunazu.jpg
コチラの藤は花房が1m以上になるらしいけど、この時点ではまだもう少しって感じだったな。

神社を出た後は隣接されてる「春日大社国宝殿」を見学。(割引対象施設なので100円割引の400円)
こちらは少し前にリニューアルされたばかりらしく綺麗。
ただ、思ったほどボリュームなくてちょっと物足りない施設だったよ。

最後に国宝殿に併設されてる土産物店&カフェで"ソフトクリーム"を頂きます。
5種類あって、これはたしか藤&ミルク。
上には"あられ"みたいな粒粒と、なぜか香川名物の"おいり"が乗ってます。
hujiice.jpg
見た目はカワイイけど、あまりミルク感のないソフトクリームだったのがちと残念。

思った以上に長居してしまった春日大社を後にし、次の場所へと向かいます。

GW日帰り奈良一人旅3~東大寺へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


nice!(17) 
共通テーマ:旅行

GW日帰り奈良一人旅1~藤の園 [国内旅行]

GWもあと1日。
うちはカレンダー通りの休みだったんだけど、有給消化で5月2日も休み取ったので6連休でした。
こんな時に風邪を引いてしまい半分はだらだらしてたけど、せっかくなので2日はお出かけしました。

行先は日帰りでぶらっと行ける奈良に決定。
京都から近鉄の"世界遺産フリーきっぷ"を使います。
奈良までの往復きっぷと、奈良での電車やバスのフリーチケットと指定施設の割引券が付いたお得な切符です。
free.jpg
コースや日数で金額が違ってくるんだけど、京都発奈良・斑鳩1日コースで1500円でした。
奈良往復だけで1200円ちょっとかかるので、けっこう簡単に元は取れちゃいます。
行きはこれに特急券(510円)を別途購入して全席指定の特急列車に乗車。
快適に京都から30分ちょっとで近鉄奈良駅に到着しました。
kintetuna.jpg
奈良をちゃんと観光するのは小学校の修学旅行以来かも。
もう鹿ぐらいしか記憶にないので、新鮮な感じで観光できました。

まずは「春日大社」方面へ。
さっそく鹿、そして鹿に対する注意看板にも遭遇。
sika1.jpg
藤棚の下にも鹿。
fujisika.jpg
ちょうど今、奈良では藤の花が見ごろ。
知らなかったんだけど「春日大社」には「萬葉植物園」という植物園が併設されていて、藤の花の名所だったんだよね。(春日大社の社紋が藤の花なのだ)
ってことで参拝する前に「萬葉植物園」にも入園してみました。
「フリーきっぷ」の割引対象施設だったので500円のところ400円で入れた。
huji1.jpg

ここの藤園は目の高さで咲いているのが見られるのが特徴らしい。
huji3.jpg

紫以外の藤もあります。ピンクの藤の花がカワイイ。白は上品な感じだね。
fuji.jpg

太陽の光に照らされた藤はなんかキラキラしてとっても綺麗。
そして藤の花って思った以上に香りが強いのね。
春の穏やかな晴天の中、甘い香りに包まれて、心地よく癒されたな~

花を満喫した後は「春日大社」参拝へと向かいます。

GW日帰り奈良一人旅2~春日大社へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


nice!(13) 
共通テーマ:旅行

紫陽花咲く初夏の神奈川旅行5~芦ノ湖&小田原 [国内旅行]

旅館を出て、伊豆箱根バスで有名な宮ノ下の富士屋ホテルまで移動。
hujiya1.jpg
こちらで、レンタカーを借ります。
最初はロープウェイで大涌谷に行く予定だったんだけど、火山活動の影響でこの時はまだ運休中。
なので、父が芦ノ湖ドライブしたいと言うので、数時間レンタカーを借りることに。(父が事前に予約済み)
到着して父が手続きしてる間、ホテル内をちょこっとウロウロ。
クラシックでレトロで素敵なホテルです。
hujiya2.jpg

手続きを終え、湘南ナンバーの車で出発。(運転は父)
ka-.jpg
目的地を芦ノ湖に設定してみると、所要時間約15分。
思ったよりも近く、あっと言う間に芦ノ湖に到着。

まずは駒ヶ岳ロープウェイに乗り、箱根駒ヶ岳の頂上へ。
ropu.jpg
しばらくすると富士山が一応見えてきた。
でも雲にほとんど隠れて頂上が少し見えるだけ。
hujizan1.jpg
そして山頂に着く頃にはほぼ全体が雲に隠れちゃってました。
hujizan2.jpg
天気は良かったから綺麗に見えるのを期待してたんだけど、富士山方面にだけ雲がかかっててちょっと残念。

biew.jpg
山頂からの芦ノ湖。

sanchou.jpg
箱根元宮にお参り(工事中で開いてなかったけど)してから、ふたたびロープウェイで下山しました。

続いて元箱根港へ移動し遊覧船に乗船。
芦ノ湖の半分ぐらいの部分を周遊する30分ほどのコースです。

箱根神社の鳥居。(宮島と同じく水の中に建っています)
jinja.jpg
湖上からもうっすら富士山が見えました。
ussura.jpg

船を降りて、そろそろ昼食時。
近くをぶらっと歩いて探してみると、湖畔にお洒落なイタリアンのお店があったので覗いてみる。
人気店らしく、かなり待たされそうな雰囲気だったので、あきらめて別の店を探すことに。
ほど近いところに、小さなイタリアンのお店があったのでそのお店に入ってみました。
itaria.jpg
私はシンプルにナスとバジルのトマトソースにしました。
pasta.jpg
熱々でちゃんとアルデンテで美味しかった~
最初に行った店と違って先客いなかったので、ちょい不安だったけど、めっちゃ当たりのお店でした。

食後、レンタカーの返却時間にはまだ早かったので、少し遠回りでドライブしながら富士屋ホテルへ戻りました。
レンタカーを返した後は、ここのホテル内のティーラウンジで休憩。
cafe.jpg
私はモンブランと紅茶。
monbura.jpg
甘すぎないモンブランで私好み。中にも栗が入ってるのが嬉しい。

それから、徒歩で宮ノ下駅まで移動し、ここからふたたび箱根登山鉄道に乗って、小田原へ向かいます。
行きとは車掌さんのアナウンスのノリが違ってた。(行きはいたって普通)
ちょっと噺家さんみたいな感じで、乗客のおばちゃんに大うけ。
ユーモアたっぷりに登山鉄道について解説してくれるので、とってもわかりやすかったよ♪
あとで調べてみたら、テレビでも紹介されたことがある有名な車掌さんみたいです。
ちなみにこの沿線のこんもり植えられた紫陽花は社員さん総動員で植えたものらしいです。
tounosawa.jpg

箱根湯本で乗り換えて、小田原駅に到着。
新幹線の時間までまだ2時間以上あるので、小田原城まで行ってみることに。
「あじさい花菖蒲まつり」が行われてた。
ajisaioda.jpg
城自体は新しくてあんまり趣や歴史は感じられないけど、ちょうど"真田丸"で小田原征伐のあたりが放送されてたので、ちょっと盛り上がる。
odawarajo.jpg
天守閣からは町と海が一望できます。
odawarajo33.jpg

小田原駅に戻り、最後にお土産等購入してたら、そろそろ新幹線の時間。
車中で事前に買った崎陽軒のシウマイ弁当で夕食。
siumai.jpg
そうこうするうちに、駅に到着。無事自宅へと戻りました。

今まで神奈川県=横浜なイメージだったんだけど、他にも観光スポットが沢山あってめっちゃ楽しめた~
梅雨時だったけど天気にも恵まれたし、充実した旅行になって良かったです。

紫陽花咲く初夏の神奈川旅行1へ戻る。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

nice!(12) 
共通テーマ:旅行

紫陽花咲く初夏の神奈川旅行4~強羅温泉 [国内旅行]

彫刻の森駅からふたたび登山電車に乗り一駅で強羅駅に到着。
宿の周辺は何もなさそうだったので、飲み物等買い込んでから、ケーブルカーに乗って終点「早雲山駅」まで。
kebur1.jpg
kebur2.jpg
駅のすぐそば徒歩1分もかからないところにある"強羅花扇 早雲閣"が今晩のお宿です。
souo.jpg

宿に入り、ロビーでお茶とお菓子を頂きながらゆっくりチェックイン。
front.jpg
それから、女中さんが部屋まで案内してくれます。
館内は畳敷きで、スリッパなしでOK。最近こういうの多いよね。

お部屋は広々して落ち着いた雰囲気。
heya11.jpg
heya22.jpg
窓からは箱根の山々が見渡せます。遠くの山に「大」の文字が。
daimo.jpg
大文字焼きって京都だけかと思ったら箱根にもあるんだねぇ。

一息ついてさっそく温泉へ。
中途半端な時間だったから、先客はいず、母と2人、貸し切り状態で入れました。
源泉掛け流しの少し赤っぽいにごり湯。お肌がしっとりする感じです。
暑い中沢山歩いて疲れてたので、ゆっくり入って疲れを落としました。

そしてお風呂のあとは、お待ちかねの夕食。
個室で仕切られた食事処で頂きます。
shokujid.jpg

前菜、お刺身、焼き魚等、定番の懐石料理。
saki.jpg
メインは飛騨牛の陶板焼きでした~
niku.jpg
コチラのお宿、飛騨高山にある旅館の系列なので飛騨牛なんですよね。
どの料理も美味しかったし、量も多すぎず少なすぎずちょうど良かったです。

食後は部屋に戻り、翌日に備え早目に休みました。

翌朝、旅行3日目、最終日。
早く寝た分、めっちゃ早く目が覚めてしまった。
窓から朝日が昇るのが見えました。
asayake.jpg

朝食まで時間があったので、2回目の温泉へ。
またまた人がいなくて貸し切り状態。
お風呂は時間制で男女入れ替えなので、前日とは違うお風呂でした。

それから、前夜と同じ食事処で朝食。
シンプルな和定食。魚の干物が肉厚で美味しかった。
asago1.jpg
朝食にも飛騨名物、朴葉味噌が出てきました。
asago.jpg

この後の予定の関係で、食後はすぐに出発。
宿を出たところで、看板猫のみーちゃんがお見送りしてくれました~
michan.jpg
猫がいること知らずにこの宿に決めたんだけど、予約時に猫がいるけど大丈夫?って聞かれたんだよね。
両親も私も猫嫌いじゃないから会えるの楽しみにしてたのに、前日は夕食時に窓の外を一瞬横切ったのを見ただけだったんで、最後にちゃんと会うことが出来て良かったよ♪

紫陽花咲く初夏の神奈川旅行5へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


nice!(12) 
共通テーマ:旅行
前の15件 | - 国内旅行 ブログトップ