So-net無料ブログ作成
検索選択

真夏の瀬戸内一人旅12~犬島精錬所美術館 [2016瀬戸内芸術祭]

「家プロジェクト」を後にし「犬島精錬所美術館」へ。
inubiju1.jpg

この「犬島精錬所」は明治末期に銅の精錬所として開設されたものの、銅価格の暴落によってたった10年ほどで操業停止になってしまったそう。
その後、約100年の間、ただ朽ち果てていた施設をベネッセが買い取り、美術館として再生させたという経緯があります。

門を入ると、「カラミ煉瓦」と言われる黒いレンガの塀がお出迎え。
写真を取りまくりたくなる風景でテンション上がる~
inubiju2.jpg
inubiju3.jpg

このレンガの奥にモダンなアートスペースがあるので、まずは入館。
アートスペースの内部は撮影禁止。
最初の鏡と光を使ったアートは面白いと思ったけど、三島由紀夫を題材にしたアートはあんまりピンとこなかったな。
↓こちらがアートスペースの建物の一部。
inujima4.jpg

アートを見た後は精錬所の遺構部分を見て回る。
inujima7.jpg
inujima6.jpg
inujima8.jpg
古いといっても近代建築なのに古代遺跡のようにも見えて、時が止まったような感覚になる場所だった。
不穏な感じの曇り空だったのも神秘的な雰囲気を醸し出していて良かったなぁ。
アート作品より圧倒的にこの精錬所の建物自体に惹かれてしまいました。

美術館を後にし、そろそろランチタイム。
チケットセンターに併設されたカフェがタイミングよく空いていたのでこちらで頂きます。
食べたかった"たこめし"が売り切れだったので"犬島のお弁当"をチョイス。
oben2.jpg
いろんなおかずが入ってて、ごはんもそれぞれ味付けが違ってて(赤飯が入ってて嬉しい)美味しかったな♪

そうこうするうちに、そろそろ船の時間。
seiriken22.jpg
高速船に乗って犬島を後にし、1日目に行った豊島を再びめざします。

真夏の瀬戸内一人旅13へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


nice!(13) 

真夏の瀬戸内一人旅11~犬島・家プロジェクト [2016瀬戸内芸術祭]

犬島は香川ではなく岡山県岡山市の島になります。
今回は香川からだったので船を乗り継ぎけっこう時間がかかったけど、岡山の宝伝港からだと10分ぐらいで行けちゃうんだよね。
周囲4キロほどでアップダウンも少ない小さな島なので、移動は徒歩で十分です。

船を降りて先に「犬島精錬所」へ向かう人が多かったので、私は「家プロジェクト」から始めることに。

瓦屋根の民家が並ぶ集落を見ながらノンビリと向かいます。
minka.jpg

「家プロジェクト」は直島の本村地区でも行われてるけど、こちら犬島でも空き家や空き地を利用したアート作品が展示されています。
写真メインで紹介。

「石職人の家跡」という作品。古代文明の遺跡っぽい。
siseki.jpg

「A邸/リフレクトゥ」と「F邸/コンタクトレンズ」
どちらも同じ作家さんの作品で、アクリルの壁にそれぞれ花とレンズが閉じ込めてあります。
flower1.jpg
kontakuto.jpg

「I邸/プレーンミラー/リバース」
その名の通り鏡を使った作品。
MIRA.jpg

「C邸/エーテル」
細い糸が無数に張り巡らされてます。場所によってはハンモックのように乗っても大丈夫でした。
ITO.jpg

「F邸/Biota」
もくもくとした雲みたいな白い石の形が印象的。
MOKUMOKU.jpg

「21世紀美術館」にもあった可愛いウサギ型の椅子が休憩場所に置いてありました。
USAGI.jpg

一通り見て回り、ぶらぶら歩いていると、海岸沿いに出ました。
ごつごつした岩がいっぱい。
犬島は良質な花崗岩の産地でもあり、大阪城の石垣にも使われてるらしいです。
IWANO.jpg

続いて、犬島精練所へと向かいます。

真夏の瀬戸内一人旅12へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


nice!(6) 

真夏の瀬戸内一人旅10~犬島へ [2016瀬戸内芸術祭]

8月27日、木曜日。旅行3日目、最終日。

まずはホテルで朝ごはん。
香川県ってことで、うどんありました♪
udon.jpg

チェックアウトして琴電で高松港へ移動。
takamatuasa.jpg
こんな感じの曇り空で暑さが前日までよりだいぶマシになりそうでホッとした。
旅行中に曇ってるのが嬉しいなんて珍しいかも。

この日は"犬島"へと向かいます~
犬島へは直島&豊島経由でも行けるんだけど、この日は土曜日、まず高速船が人数制限で乗れるか不安だったので、フェリーで行ける小豆島経由で行くことに決めました。

高松から1時間ほどで前日にも来た小豆島、土庄港に到着。
tonosho.jpg
ここから犬島へは高速船で向かいます。
ただ、乗船人数が少ないので整理券を貰わないと船に乗れない。(ここでの配布は出港30分ぐらい前から)
まだ時間がけっこうあったので、整理券が配られるまで付近をぶらぶら。
時間が近づき人が並び始めたので、私もすぐに並んで無事ゲットしました♪
seiriken.jpg

出港時間になり、1年前の八重山旅行以来、久々の高速船に乗って出発。
kousoku.jpg
やっぱり瀬戸内海って穏やかなんだね~全然揺れなかったよ。
30分ほどなのでアッという間に犬島へ到着しました。
↓こちらは犬島のチケットセンター。
inuinu.jpg
到着したら、すぐに帰りの整理券の案内があるんで、しっかりゲットしてから観光へと向かいます。

真夏の瀬戸内一人旅11へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


nice!(16) 

「ソイジョイ クリスピー」をお試し [その他]

久々にモラタメお試し。
大塚製薬の「ソイジョイ クリスピー 3種15本セット」をお試ししてみました。
P_20161015_083341 (250x141).jpg

P_20161015_110002 (250x141).jpg
プレーン、ミックスベリー、ゴールデンベリーの3種。

ソイジョイは知ってたけど、食べるのは初めて。
味はめっちゃおいしいって訳ではないけど、大豆だしヘルシーだしって思えば満足できる感じ。
大豆粉の生地に大豆パフが入ってて結構食べ答えあります。
ただパフのサクサク感がちょっと邪魔な感じもする。
私的にはこの手の商品はしっとりクッキータイプの方が好きなので、リピートはナシかな。


nice!(3) 

真夏の瀬戸内一人旅9~小豆島・エンジェルロード&土庄本町 [2016瀬戸内芸術祭]

バスに乗り"国際ホテル前"で下車、小豆島の定番観光地の一つエンジェルロードをめざします。
国際ホテルの目の前の海岸にあるので、歩いてすぐ。
こちら1日2回、引き潮時だけ隣の小島への道が現れるという観光スポット。
恋人通しで手をつないで渡ると願いが叶うとか。
まぁおひとりさまには関係ないので、全然引き潮の時間じゃなかったけど行ってみた。
angelro1.jpg
angelro2.jpg
この日の干潮は午前11時半で、その前後2時間ぐらいは道が現れてるらしい。
午後4時前だったけど、まだ完全には水没してなかったな。
天気も良かったし、白い砂浜と青い海がとってもきれいな海岸だったよ。

それから、徒歩で土庄本町へ移動。
meiromati.jpg
"迷路のまち"と言われる入り組んだ路地のあたりを散策し、ついでに瀬戸芸のアート作品"迷路のまち"にも入ってみる。
住居を使った迷路でタバコ屋さんの小さな入口からスタート。
meiromati2.jpg
中は田舎のおばあちゃんの家みたいな雰囲気で、いろんな所から別の部屋に繋がってたりして面白い。
この"迷路のまち"は少し離れた別の場所にもあり、そちらは家全体が真っ白く塗り固められた不思議な空間になってた。

続いて瀬戸芸作品「土庄郵便局舎アートプロジェクト」。
郵便局の壁にペタペタいっぱい年賀切手が貼り付けられてます。
kite.jpg

最後に世界で1番狭い海峡「土渕海峡」へ。
tonokaikyo.jpg
ninte.jpg
小豆島って、実は小豆島と前島の二つの島に分かれてて、この海峡にかかる橋で繋がれてるのだ。
どう見ても川にしか見えないけどこれが海で海峡なんだよね~

これにて小豆島観光は終了。
船に乗るためここから土庄港へ戻らなくちゃならないんだけど、バスの時間が微妙。
港で貰った地図で見るとそんなに遠くなさそうだし、たしか何かに15分程度って書いてあった気がしたので、歩いて戻ることに。
でもこれが失敗だった。
夕方だというのに一向に気温は下がらないし、朝から動き回った疲れもあって、足取りは捗らず、なかなか港が見えてこなくて、途中で道間違えたかと思ったぐらい。
20分以上かけてたどり着いた時には、汗だくで疲れ切ってて、しばらくベンチに座って動けなかったよ。。

なんとか船に乗って高松へ。
takamatu.jpg
小豆島でもう1泊したかったけど、予約が遅すぎて良さげな宿が全滅だったので高松のホテルを取りました。
高松港から琴電でさらに移動し、瓦町にある"ドーミーイン高松"へチェックイン。
ドーミーインはいろんなところで泊まってるので、落ち着く感じ。
domi.jpg
とりあえず汗かいて気持ち悪いので、部屋でさっとシャワー浴びてから、夜ごはんを食べに外出。
「川副」っていううどん屋さんで"ざるうどん"を注文。味は普通。
kawahuku.jpg
カウンターの角っこの席しか空いてず、居心地悪かったのでさっさと食べてホテルに戻りました。

部屋に戻り、すぐに大浴場へ。
ドーミーインにしたのは安かったのと、大浴場があるから。
旅行中、足伸ばしてお風呂に入れるのはやっぱ良いよね~
疲れを落とし、ゆっくり部屋で休みました。

真夏の瀬戸内一人旅10へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

nice!(4) 

真夏の瀬戸内一人旅8~小豆島・オリーブ公園 [2016瀬戸内芸術祭]

"オリーブ公園口"のバス停を降りると、空はほとんど雲が無くなり、めちゃくちゃ日差しが強くなってた。
ここから次の目的地の「道の駅 小豆島オリーブ公園」へは徒歩5分程度なんだけど、丘の上にあるため坂道を登らなくちゃならず、めっちゃ暑くてしんどかった~

この「オリーブ公園」はギリシャをテーマにした公園です。
なんでギリシャかというと、瀬戸内海=日本のエーゲ海+オリーブもいっぱいあるからってことらしい。
girishahuu.jpg
ほんとにギリシャっぽいんだろうか?行ったことないからわからないんだけど。

オリーブの木は2000本ぐらいあるらしい。
oliveki.jpg

そして、たぶんここで一番有名なのがこの真っ白いギリシャ風車だよねー
husha2.jpg
husha1.jpg
絵になる風景なんだけど、魔女写真コンテストなるものが開かれてて、子供がいっぱい箒もってウロチョロしてて落ち着かなかった。。
それにあまりに日差しが強くてヤバそうだったんで、数分で屋根のあるオリーブ記念館へ避難。
kinenkan.jpg
アテナ像が出迎えてくれます。
chouzou.jpg
涼しいし、椅子もあるので、ここでしばらく休憩。
そして気になってた"オリーブソフトクリーム"が売ってたので食べてみる。
oliveice.jpg
色はほんのり緑色。でも味はそんなにオリーブっぽさを感じなかったなぁ。

ひたすら休憩した後は、隣接してるお土産ショップをのぞき、その後バス停へと戻りました。

真夏の瀬戸内一人旅9へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

nice!(7) 

真夏の瀬戸内一人旅7~小豆島・中山千枚田 [2016瀬戸内芸術祭]

少し前から雨雲が広がりだして、バス待ちの間にもポツポツ来てたんだけど、バスに乗ってすぐ本降りに。
でも、通り雨っぽい降り方だったので、そのうち止むだろうって思たら、降りる頃には晴れ間が見えて一安心。

20分ぐらいで"オリーブ公園口"のバス停へ。
ここからさらに期間限定運行の"瀬戸内国際芸術祭線"に乗り換えて"春日神社前"まで。
バスが遅れたのでほとんど待ち時間なく乗り換えられてラッキー。
途中から山道に入り30分ぐらいで目的地に到着しました。

バス停前には「中山千枚田」と呼ばれる美しい棚田が広がっています。
tanada.jpg
この棚田と瀬戸内国際芸術祭の展示がここでの目的。
でも、その前に昼食ってことでバス停すぐそばにある「こまめ食堂」さんへ行ってみる。
入ってみると、まだ11時半だというのにすでに満席状態。
やっぱ瀬戸芸中だしねー
店の前に整理券を貰うよう書いてあったのでお店の人に聞いてみると、次は12時からになるとのこと。
帰りのバスにも間に合うちょうど良い時間なので整理券を貰い、先に観光することにしました。

棚田はちょうど稲刈りが始まったところでした。
karitori.jpg

それから、棚田の一角に建てられた芸術祭の作品「オリーブの夢」へ。
oribeyu.jpg
台湾のワン・ウェンチー氏による、竹でできたドーム型の建物で、棚田の風景にもなじんでます。
小豆島でここに一番来たかったんだよね~
oliveyume.jpg
もちろん中にも入れます。
oliveyum3.jpg
竹の感触と、たまに陽が射すと入ってくる木漏れ日がとっても心地よい。
お昼の時間ギリギリまでここでのんびりしてました。
komorebi.jpg

そろそろ12時が近づいてきたので「こまめ食堂」さんへ。
komame.jpg
整理券には番号が振ってあり、その順番にカウンターで注文し、席に着くという流れ。
こういう時おひとりさまだと席取りできなくてちょっと損だわ。
番号けっこう遅めだったので、相席前提の長机の人に挟まれた席しか空いてなかった。
そのうえ、カップルがそこを荷物置き場にしてたので、席開いてるか聞いたら返答が感じ悪くて不愉快だったよー
でもしばらくして、そのカップルは別の良い席が空いたので移っていき、私も広々と席を使えることになったのでまぁ良かったんだけど。。

けっこう待たされ、めっちゃお腹が空いてきた頃、ようやく料理が運ばれてきました~
小豆島と言えばそうめんってことで"そうめんセット"をチョイス。
somen.jpg
そうめんだけじゃなく、揚げ物2種にけっこう大きいおにぎりまでついてます。
そうめんは家で食べるよりコシがあって、野菜とお魚の揚げ物は揚げたてサクサク、おにぎりはお米がつやつやで、どれもおいしかった~
待たされただけあって丁寧に作られてたし、ボリュームもしっかりあって、大満足でした。
ついでに頼んだ梅ソーダもさっぱりした味で、暑い時にぴったりだったよ。
soda.jpg
しばらくすると客も少なくなったので、バスの時間までソーダ飲みながらまったり過ごしました。
komame2.jpg

バスの時間が近づいてきたので店を出てバス停へ。
再び"オリーブ公園口"へと戻ります。

真夏の瀬戸内一人旅8へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
nice!(12)