So-net無料ブログ作成

イギリスドラマ「ウルフ・ホール」(2015) [英ドラマ&TV]

原題:Wolf Hall

ヒラリー・マンテルがブッカー賞を受賞した歴史小説をBBCがドラマ化したミニシリーズ。
国王ヘンリー8世の側近として才覚を発揮したトマス・クロムウェルの視点から、16世紀のイギリス宮廷の姿を描く。

最初クロムウェル役のマーク・ライランスって誰?って感じで(まだ『ブリッジ・オブ・スパイ』見てなかったので)、ヘンリー8世役のダミアン・ルイス目当てで見始めたんだんだけど、最初からライランスの演技に持ってかれた。
決して大げさにならず、ちょっとした視線の使い方や表情で様々な感情が伝わってくる演技が素晴らしい。
今まであんまり目立たない印象だったクロムウェルがめちゃくちゃ魅力的に見えます。

序盤はそのクロムウェルが仕えていたウルジー卿との関係、中盤は対立するトマス・モアとの関係、そして終盤はアン・ブーリンとの関係がメインで描かれています。
特にトマス・モアとの対立が一番の見どころだと思う。
ロンドン塔での二人の会話めちゃくちゃ見ごたえありました。
トマス・モア役のアントン・レッサー(「新米刑事モース」のブライト警視正)の演技もライランスに負けず劣らず素晴らしかったです!

お目当てだったダミアンは意外と出番少なかったけど、赤毛で激情家なヘンリー8世役はぴったりだよね。
そのほか、イギリスの知ってる俳優さんがわんさか出てるんだけど、ウルジー役ジョナサン・プライスやガードナー役マーク・ゲイティスが特に印象に残ったなぁ。
あと、アン・ブーリン役のクレア・フォイ(「リトル・ドリット」)の小柄ながら強かで芯の強さが感じられる演技も良かったです。

淡々とした地味な作品だけど内容も演技も一級品のドラマでした。
ただ、細かな時代背景についてはあんまりちゃんと描かれてないので、ある程度予習してから見ることをお勧めします。


Masterpiece: Wolf Hall [Blu-ray] [Import]

Masterpiece: Wolf Hall [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー: PBS
  • メディア: Blu-ray




ウルフ・ホール (上)

ウルフ・ホール (上)

  • 作者: ヒラリー・マンテル
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/07/08
  • メディア: 単行本



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

nice!(10) 
共通テーマ:テレビ

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅14~ふたたび高松&まとめ [2016瀬戸内芸術祭]

高松に戻り、帰りの電車の時間までまだ2時間ほどあるので、最後にうどんを食べに行きます~

港のすぐそばにある高松築港駅からことでんに乗車。
27525374710_5879167fcb_n.jpg
自動改札は無く、駅員さんが切符をパチンと切ってくれて、ちょっと懐かしい気分になったよ♪
ikip.jpg

4駅ほど先の花園という駅で下車、歩いて5分ぐらいでお目当てのお店に到着しました!
udonbaka.jpg
「手打十段うどんバカ一代」というちょっと変わった店名のうどん屋さん。
時間によっては行列のできる人気店だけど、中途半端な時間だったので、ちらほら空席もありました。
チェーンのセルフうどん店は行ったことあるけど、この旅では初のセルフ店だったのでちょっと緊張しつつ注文。
ちょうどうどんが無くなったところで、10分ぐらいかかるとのことなので、席に座り気長に待ちます。
待ってる間に、次々お客さんがってきて、行列が出来てた。
めっちゃ良いタイミングで店に入ったみたい。

そうこうするうちに、自分の番号が呼ばれました。
udon1.jpg
注文したのは"釜バターうどん(小)"。
これがいろんなところで紹介されて気になってたのだ。
うどんの上にバターと黒胡椒が乗ってるので、ここに卵とだし醤油をかけ、しっかり混ぜていただきます。
バター×卵×醤油っていう組み合わせは間違いないよね~コショウも良いアクセントになってる。
和風カルボナーラって感じで美味しかったです♪

ふたたび高松駅へ戻り、あと1時間ほど、時間つぶし&腹ごなしに初日に夜桜見に行った玉藻公園へ。
今回は有料200円で見学。
tamamo.jpg
平日昼間ってことであんまり観光客がいず、ちょっと寂しい感じだったな。

時間になったので、駅へ。
eki.jpg
電車に乗り、行きと同じく瀬戸大橋を渡って、香川県を後にしました。

今回、坂道や階段を歩き回るハードな旅でめちゃくちゃ疲れたけど、楽しかった~

特に男木島が気に入りました!
こじんまりしてノンビリした雰囲気が大好き。
猫がいっぱいいるのもうれしい。
そして、島の人たちがみんなフレンドリーで親切でとっても素敵な島でした。

直島はずっと気になってた草間彌生のカボチャを見たり地中美術館に行けたことが嬉しかった。
でも、やっぱり芸術祭中の日曜日ってことで人が凄く多く、それも家族連れが多くて、"おひとりさま"だとややアウェイ感を感じてしまったよ。
やっぱり一人旅は平日の方が良いなって思う。

女木島は旅の最後で疲れがピークで楽しみきれなかったのがちと残念だった。。
次は体調万全な時に行きたいです。

でもどの島も瀬戸内海の美しい景色を堪能出来たし、高松&琴平では美味しいうどんも食べられたしで、大満足の旅になりました。

瀬戸内国際芸術祭はまだ夏会期と秋会期が残ってるので、お金と時間に余裕があれば今回行けなかった島にも行ってみたいんだけどな。


夏の瀬戸内一人旅

秋の瀬戸内一人旅

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅1~計画編

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅2~出発

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅3~こんぴら参り前編

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅4~こんぴら参り後編

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅5~高松散策

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅6~直島その1

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅7~直島その2

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅8~直島その3

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅9~男木島その1

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅10~男木島その2

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅11~男木島その3

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅12~女木島前編

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅13~女木島後編

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

nice!(11) 
共通テーマ:旅行

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅13~女木島後編 [2016瀬戸内芸術祭]

休憩して、少し復活。
このままずっと休憩するのも何だし、時間が合えば"鬼の洞窟"へ行くバスに乗ってみようってことで、案内所で聞いてみる。
バスは高松から来る船の時間に合わせて出発してて、あと5分ほどで船が到着するとのことでめっちゃ良いタイミング。
心配だった帰りも、高松行きのフェリーに乗れるよう戻ってくるってことなので、洞窟に行くことに決定しました~


往復切符買って、指定されたバスへ。
↓私の乗ったバスの隣にあった年期の入ったバス。これもまだ現役で走ってた。
bus1.jpg

まだ誰も乗ってなかったので、先に帰りのフェリーの切符を買いに行く。
フェリーの切符売り場はなぜか建物の外にあり、最初どこにあるか分からずちょっと戸惑った。
それからバスに乗って待ってるとフェリーが到着したらしく、続々と人が乗り込んできて、ほぼ満員ぐらいで出発しました。

バスは細い山道をけっこうなスピードで登っていくので、ちと怖い。
10分ほどで到着。帰りのバスの時間までは30分ちょっとなので、急いで洞窟へ。
doukutu1.jpg

doukutu2.jpg
中はめっちゃ涼しい。
展示物はちB級チックな感じで、見るのにそんなに時間はかからず、15分ほどで外に出ました。

まだ、少し時間があるので、展望台まで行ってみることに。
ここの景色が素晴らしかった!!
kesiki111.jpg
kesi99.jpg
kesiki123.jpg
誰も人がいなくて、しばらく景色を独り占め。
瀬戸内海が見渡せてめっちゃ気持ちが良かったです~

ふたたびバスに乗って、女木港へ。
このバスけっこう融通が利いて、先に運転手さんに言っておけば、途中下車も可能です。
私はもう帰らなきゃいけないので港へ戻り、フェリーに乗って、女木島を後にしました。

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅14~ふたたび高松&まとめへ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
nice!(10) 
共通テーマ:旅行

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅12~女木島前編 [2016瀬戸内芸術祭]

男木島から女木島へはフェリーで20分ぐらいなので、あっと言う間に到着。
oni1.jpg
大きな鬼の石像が迎えてくれます。
megi1.jpg
そして、こちらは案内所の「おにの館」。

女木島は別名"鬼ヶ島"とも呼ばれているんだよね。
あの桃太郎伝説の舞台になった島なのです。(諸説あるうちの一つ)
なので瀬戸芸作品以外にも鬼をモチーフにした洞窟なんかもあったりするんですが、とりあえず、アート作品巡りから始めます。

「カモメの駐車場」
tori.jpg
女木港にはこのカモメがずらっと並んでて目を引きます。(全部で300羽もいるらしい)
風向きが変わるたびクルクル回るよ。

ピアノに船の帆が組み合わされた作品。
piano.jpg
ちゃんとピアノから音楽が流れてました。

「段々の風」という作品。
dandan.jpg
小高い所にあるのでたどり着くの大変だった~
でも、眺めはとっても良かった。

そして、使っていない小学校の中庭に展示された「女根」。
mekon1.jpg
mekon2.jpg
直島の銭湯と同じく大竹伸朗氏の作品。
こちらもごちゃごちゃ感がとっても面白いです。

1時間ぐらい作品を見て回って、かなりクタクタ。
もうあまり歩く気力が無かったので、「おにの館」でちょこっと休憩し、残り時間をどうするか思案することにしました。

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅13~女木島後編へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


nice!(5) 
共通テーマ:旅行

映画『ルーム』(2015年アイルランド=カナダ) [映画]

原題:Room

アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説を「FRANK フランク」のレニー・アブラハムソン監督が映画化。
監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、そこから脱出し、外の世界に適応していく過程を描いたドラマ。
主演のブリー・ラーソンが今年のアカデミー賞主演女優賞を受賞しています。

見ていて胸が苦しくなってくる作品だったなぁ。
監禁されてる時の苦しさはもちろんなんだけど、外に出られたからと言って簡単にハッピーになれる訳ではないのがなんとも。
まだ6歳のジャックは最初は戸惑いながらも、子供ならではの柔軟さで徐々に外の世界になじんでいくんだけど、ジョイは失った時間の大きさに呆然とし、マスコミに追い回されたり、心無い言葉をかけられたりで、葛藤し追い詰められていくんだよね。
ジョイの苦悩が伝わってきてとても切なかった。
それでもラストには子供(ジャック)の存在によって希望を感じられたのが良かったです。

ジョイ役のブリー・ラーソンは『ショート・ターム』時から巧かったけど、この作品でも壮絶な境遇に置かれた女性をリアルかつ繊細に演じていて素晴らしい!
そして子役のジェイコブ・トレンブレイ君の自然な演技にも脱帽でした。

満足度  :★★★★☆
おすすめ度:★★★☆☆


ROOM

ROOM

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2016
  • メディア: DVD



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
nice!(9) 
共通テーマ:映画

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅11~男木島その3 [2016瀬戸内芸術祭]

続いて海や港近くの作品鑑賞へ向かいます。

歩いていると、目についたのが鮮やかなブルーの建物。
「青空を夢見て」という作品でした。
aozora.jpg
散りかけだったけど、桜のピンクとのコントラストが綺麗だったな。
学校の体育館として実際に使われてる建物なので、中には入れません。

港で「男気プロジェクト」の船を発見。
otokogi2.jpg
漁船をカラフルにペインティングしたアート作品。
私はこの一艘だけしか見かけなかったけど、他にもあるらしい。

あと、別の場所にあったこのペインティングされた小屋も同じプロジェクトの一つなのかな?
otokogi.jpg

海辺の何もない、人もいない場所にポツンと置かれた「歩く方舟」。
hakobune.jpg
hakobune1.jpg
ひっくり返した船に足がいっぱいついた不思議な作品。
たぶんこの島のアートの中で一番遠い場所にある。
この日は気温がそれほど高くなく、お散歩日和っていうお天気にだったからめっちゃ気持ちよく歩いていけたよ。(日を遮るものがないから夏場はたどり着くの大変そうだけど)

で、そんなイイ感じの天気だったから、海の近くにもお昼寝中の猫がめっちゃ沢山いました♪
hiruneko.jpg
nyanko2.jpg

春の花を眺めるにゃんこも。
neko22222.jpg

そろそろ船の時間が近づいてきたので、猫を眺めながらノンビリ戻ります。
男木交流館に戻り、フェリーのチケットと、お土産(ここでも手ぬぐい)を購入。
最後に、港の横にあるお店で、気になってた"サザエ飯"が売ってたのでゲット。
お店のおっちゃんと楽しくお話ししてたら、そろそろフェリーの時間。
ferry2.jpg
フェリーに乗り込み、さっそく"サザエ飯"頂きました~
sazae.jpg
サザエいっぱい入ってるしめっちゃ美味しい♪
お腹空いてたのもあり、船が動きだす前に一気に全部平らげちゃったよ。

これにて楽しかった男木島ともお別れ、女木島へと向かいます。

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅12~女木島前編へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

nice!(4) 
共通テーマ:旅行

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅10~男木島その2 [2016瀬戸内芸術祭]

そろそろ屋内展示の開館時間。
案内看板が設置されてるので、それ見ながら適当に回っていきます!

「記憶のボトル」
kioku.jpg
ボトルの中には島の人たちの思い出の品が詰められているそう。
ボアンティアスタッフのおばちゃんたちがフレンドリーに展示の説明とかしてくれて楽しかった♪
作品もとっても綺麗で素敵だったなぁ。
 
「カレードスコープ ブラック&ホワイト」
kareido.jpg
なんとも不思議な空間でした。
この建物の前に大きな万華鏡(外の風景を映すテレイドスコープってやつ)が置いてあり、景色によって見えるものが変わってくるんだけど、スタッフのおっちゃんが見てる時に前を通ってわかりやすく実演?してくれたりして面白かったよ~

「部屋の中の部屋」
heya2.jpg heya.jpg
部屋の中に90°回転した部屋がある。
普通の写真ではよくわからないので、ちょうど先客のお兄さんが寝転がってたので写真撮らせてもらった。
トリックアートみたいな感じです。

「オンバ・ファクトリー」
onba.jpg
男木島は坂道が多く、道も狭いので、島の人たちはオンバ=乳母車を使って荷物を運んだりしてるそう。
その乳母に個性的なペイントをしたり装飾を付けたりしてアートにした作品。
日常アートって感じでステキだし、いろんなタイプのオンバがあって、どれもめっちゃカワイかった!!

このカラフルな壁も作品。
hekiga.jpg
rojia-.jpg
島のあちこちで見かけたけど、めっちゃ島の風景になじんでました~

続いて、港の方へ移動します。

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅11~男木島その3へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

nice!(3) 
共通テーマ:旅行