So-net無料ブログ作成
検索選択

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅4~こんぴら参り後編 [2016瀬戸内芸術祭]

まずは御本宮で旅の安全を祈願。

それから展望スペースみたいな場所があったので景色を眺めて一息。
kesi.jpg
この日はちょっと霞んでて瀬戸大橋までは見えなかったなぁ。

それから、お土産にお守りを購入。
ここのお守りはポップでカワイくてどれ買うか迷った。
結局、ミニこんぴら狗に惹かれて「幸福の黄色いお守り」を購入しました。
inumamori.jpg

あと、狗みくじなるものもあったので引いてみる。
100円入れて、狗の背中の穴におみくじが入ってるのでここから引きます。
mikuji.jpg
おみくじと一緒に小さい金色の狗のお守りまで入ってて嬉しい。
結果は"末吉"と微妙な感じだったけどね。

この後、奥社に行こうか迷ったけど、さらに600段ぐらい登らないといけないので、この後の体力を考えて断念し下山しました。
下りも膝にくるので、けっこうキツカッタよ~

参道に戻り、昼に食べたうどんがイマイチだったので、今度はガイドブックに載ってる有名店で再チャレンジ。
歴史のある立派な店構えの"こんぴらうどん"さんです。
行きに見たときはちょっと行列出来てたけど、中途半端な時間なので待つことなく入れました。
暑かったし喉乾いてたので冷たいぶっかけうどんを注文。
お腹の減り具合を考えて天ぷらは無しに。
しばし待って運ばれてきました!
udon2.jpg
ツヤのあるうどんの上に天かすとネギとレモンが乗ってます。
食べるとめっちゃコシがあって美味しかった♪
お値段は観光地価格って感じだけど、満足しました。

食事のあとは甘いもの。
見た目がカラフルで可愛くて気になってた"おいりソフト"を頂きます。
soft.jpg
"おいり"っていうのはここらへんの地方の伝統菓子らしい。
おいりも和三盆味のソフトもとっても優しい甘さで美味しかったです。

そのあとは、電車の時間まで観光しながらブラブラ。
ちょうど"こんぴら歌舞伎"が開催中で、幟がいっぱい並んでて賑やかで良いです。
nobori.jpg
こんなゆるキャラとも遭遇しちゃいました。
kabukikyara.jpg

駅に戻る途中にあった高灯籠。日本一の高さの灯篭らしい。
ここの桜はまだけっこう残ってて綺麗だったな。
sa.jpg

JR琴平駅に戻り、ふたたび電車に乗り高松へと向かいます。

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅5~高松散策へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村





nice!(1) 
共通テーマ:旅行

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅3~こんぴら参り前編 [2016瀬戸内芸術祭]

琴平で目指すは"こんぴらさん"こと金比羅宮。
なが~い階段に挑むため、まずは腹ごしらえ。
めっちゃお腹空いてたので、駅近くでおばちゃんが呼び込みしてた店に適当に入ってみた。
おススメだという"しょうゆ天うどん"を注文。
ワカメが乗ってるのがちょっと珍しい。
だし醤油とレモン汁をかけていただきます。
う~ん、まずくはないけど、香川県のうどんっていう期待値からするとやや期待外れな感じ。
天ぷらもさっくり感がなくてイマイチだったなぁ。
udon1.jpg

まぁとにかくお腹は膨れたので、お店が並ぶ参道を抜け、階段に挑みます。
下の方は周りにお店が並んでて、無料で杖を貸し出してるお店もありました。
kaidan1.jpg
序盤からけっこう急でしんどい~

しばらく登ると立派な門が登場、神社っぽくなってきます。
26613281895_beff189ccf_n.jpg
300段超えたあたりらしい。

さらに登って振り返るとこんな景色。
kaidan2.jpg
ここらへんは桜馬場と呼ばれてて、その名の通り、桜の季節はとっても綺麗らしい。
期待してたんだけど、残念ながら私が行ったときは一足遅く、ほぼ散ってしまってました。。

それにしてもこの日は春にしては気温高めで歩くとどんどん暑くなってくる。
半分をすぎたあたりで、広場があったので一休みしました。
厩があり白い神馬と、黒いサラブレットの2頭がいた。
可愛くて癒される。
uma.jpg

お守りにもなってるこんぴら狗の銅像もありました。
konpirainu.jpg

ふたたび歩きだし、そして最後の登り、ここからあと133段!
ここからめっちゃ急だったけど、一気に登る。
saigo.jpg

なんとか785段目にある御本宮にたどり着きました~
hongu1.jpg
疲れたけど、ちょっとした達成感はあるなぁ。

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅4~こんぴら参り後編へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

nice!(2) 
共通テーマ:旅行

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅2~出発 [2016瀬戸内芸術祭]

4月9日、土曜日。旅行1日目。

朝6時半頃に家を出発。
まずは最寄駅から在来線で移動。
京都手前ぐらいまで濃い霧が出てた為10分ぐらい遅れて新大阪駅へ。
でも朝ごはん食べるために、かなり余裕をもって出発したので問題なし。

新大阪駅にはエキマルシェっていう駅中施設があって朝食食べられる店もけっこうあるんだよね。
カフェに入り、ふわふわの厚焼き卵が挟まれたタマゴサンドでおなかを満たす。

それから時間になったので新幹線の乗り場へ。
企画切符なので、各駅停車の"こだま"しかチョイスできなかったんだけど、座席が横4列で広々しててちょっと得した気分。

1時間ちょっとで岡山駅に到着。
ここから在来線に乗換。
しばらくすると瀬戸大橋が見えてきた~
seto1.jpg
旅の始まりって感じでワクワク。
瀬戸内海はちょっと霞んでて幻想的できれいだったな。
seto2.jpg

瀬戸大橋を渡り、香川県へ。
途中の駅でアンパンマン電車に遭遇。
anpan.jpg

坂出で電車を乗換、昼1時前には最初の目的地、琴平駅に到着しました~

kotohiraeki.jpg

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅3~こんぴら参り前編へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅1~計画編 [2016瀬戸内芸術祭]

4月半ばに今年最初の一人旅してきました~

行先は四国、香川県高松&琴平、そして3年に一度開催される瀬戸内国際芸術祭2016春会期を満喫してきました!
26666404906_4a6e96e694_n (1).jpg

実は去年の秋に香川への旅を計画してたんだけど、直前に体調崩してしまいあえなくキャンセル。
でもやっぱり行きたいってことで今年になってふたたび予約しちゃいました。

ただ瀬戸内国際芸術祭の会期中だったのは予定外。
春休み終わってすぐの休みなら観光客も少な目かなぁなんて思って選んだ日程だったのに、後から瀬戸芸会期と重なってることに気づいてどうするかちょっと迷った。(絶対混むからね)
でも3年に一度しかない気になってたイベントではあったので、1泊で高松うどんツアー&直島にする予定だったのを、2泊にし瀬戸芸メインのアート旅に計画変更することに。

いろいろ調べた結果、まずは瀬戸芸の作品鑑賞パスポート(正確にはその引換券)を購入。
さらにこのパスポートを持ってると、JR西の「岡山・香川アート往復きっぷ」ってのを買うことができて、これがめっちゃお得だった。
新幹線は新大阪から岡山だけの利用になるけど、岡山や香川県内のフリーきっぷもついてて普通に購入する場合の半額ぐらいで済んだよ。
26693270135_31660e4d35_n.jpg

それからどの島に行くかを思案。
高松に宿をとったので、そこを拠点に島に渡ることになるんだけど、船の時間の関係で行ける島は限られてる。
どの島にいつ行くか?島内での移動はどうするか?島以外の観光もしたい…
調べれば調べるほど行きたいところが増えていってめっちゃ悩んだ。。
でもなんとか大まかな予定を立て、いよいよ出発当日になりました♪

春の香川・瀬戸内国際芸術祭ひとり旅2~出発へ続く。

春の瀬戸内一人旅

夏の瀬戸内一人旅

秋の瀬戸内一人旅


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

nice!(1) 
共通テーマ:旅行

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転 』(2015年アメリカ) [映画]

原題:THE BIG SHORT

リーマンショック以前に経済破綻の可能性に気付いた金融マンたちの実話を描いた物語。
スティーブ・カレル、クリスチャン・ベール、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット共演。
監督はアダム・マッケイ。

主役4人が団結してリーマンショックに勝つ話かと思ったら、それぞれの群像劇って感じだった。
一番印象的だったのはオタクっぽい変人キャラのクリスチャン・ベール。
あとスティーブ・カレルのキレっぷりも良かった。
ブラピはどっちかっていうと脇役でブラピに話を持ち掛ける若者2人の方が印象に残る。
その片方のチャーリー役、ジョン・マガロは『キャロル』にも出てたし、アメドラでも最近よく見かけるのでちょっと気になるなぁ。

作品としては、初めて聞くような金融用語についていくのがちょっと大変だったけど、ところどころでわかりやすく解説してくれるので、なんとなく分かった気にはなれたし、役者陣もみんな魅力的でけっこう楽しめた。
ただ結末がリーマンショックなので、邦題のような大逆転感は無く、スッキリはしないけどねー

満足度  :★★★★☆
おススメ度:★★★☆☆


世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)

世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/03/10
  • メディア: Kindle版



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


nice!(0) 
共通テーマ:映画