So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『オデッセイ』(2015年アメリカ) [映画]

原題:The Martian

アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」をリドリー・スコットが映画化。
火星に一人取り残された宇宙飛行士のサバイバルを描いた作品。

マット・デイモンが宇宙に取り残されるって、『インターステラー』の続編かと思ったら違った。
インター~はシリアス宇宙物だったけど、こちらはけっこう笑えるシーンもあったり明るい宇宙物。
宇宙に一人取り残されても、前向きに、生きるすべを考え実行していく主人公マーク・ワトニーがすっごく魅力的だったよ。
火星でディスコミュージックが流れるミスマッチさも面白い。

中盤あたりからはマークを助けるための地球でのプロジェクトも描かれていく。
こちらもシリアスにならず、スタッフたちのキャラがそれぞれ魅力的で良かったなぁ。

そしてラストは、マークと彼を救おうとするクルーたちの諦めない姿に感動。
とっても良く出来たエンターテイメント作品、おすすめです。


火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: アンディ・ウィアー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/12/08
  • メディア: 文庫



火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/12/08
  • メディア: 文庫




オデッセイ [Blu-ray]

オデッセイ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
nice!(0) 
共通テーマ:映画

映画『ブラック・スキャンダル』(2015年アメリカ) [映画]

原題:Black Mass

ジョニー・デップがFBI史上最高の懸賞金をかけられた実在のギャング、ジェームズ・"ホワイティ"・バルジャーを演じたクライムドラマ。
監督は『クレイジー・ハート』のスコット・クーパー。

とりあえずジョニデの演技派な面を久々に堪能できたのが嬉しい作品。
ハゲ頭のいかれたギャングをリアルに演じていて良かった。
ハゲでも美形なのは隠せてないけどね。

あと弟役がベネディクト・カンバーバッジなんだけど、全然似てない兄弟だったわ。
そのベネさん、思ったほど出番多くなくてちょい残念。

焦点になってるのはジョニデ演じるホワイティと、FBI捜査官で幼馴染のジョン・コノリーとの関係。
コノリー役は最近よく見るけどなかなか顔と名前が一致しないジョエル・エドガートン。
この作品でも、ずっとどこかで見たことあるんだけど~で最後まで思い出せなくってモヤモヤしたよ。

で、作品全体としてはギャングの描き方等、けっこう予想通りの展開で、つまらなくはないんだけど、やや物足りない印象だったなぁ。


ブラック・スキャンダル [Blu-ray]

ブラック・スキャンダル [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
nice!(1) 
共通テーマ:映画