So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『午後8時の訪問者』(2016年ベルギー=フランス) [映画]

原題:La fille inconnue

ベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督作。

ある日の夜、診療所のドアベルが鳴るが、女医ジェニーはそのベルに応じなかった。
しかし、翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、その少女が助けを求める姿が診療所の監視カメラに収められていた...

サスペンスっていう触れ込みだったけど、罪悪感を感じたジェニーや、彼女が真相を探る中で出会う人々などの人物描写がメインになっていてダルデンヌ兄弟らしい人間ドラマになってました。
ただ、ジェニーの心理にあまり共感することができず、似たような雰囲気を持った「サンドラの週末」に比べるとイマイチに感じてしまったな。
あと、意外な真相とか犯人とかを追い求めるとちょっと肩透かしになるかも。

ジェニー役はアデル・エネルというフランスの女優さん。
芯の強さを感じさせる演技はなかなか良かった。

ダルデンヌ兄弟作常連のオリヴィエ・グルメとジェレミー・レニエも出てます。
レニエはまたまたダメな父親役だったよー


nice!(3) 

nice! 3