So-net無料ブログ作成
検索選択

晩秋の愛媛ひとり旅16~道後温泉・霊の湯個室 [2016愛媛]

旅行3日目、最終日。

昨日、道後温泉の「霊の湯」に入れなかったので、朝食前に朝一で行こうと思ってたのに、朝起きるとめっちゃ雨降ってた。
道後温泉まではほとんどアーケードがあるし傘もホテルで借りれるんだけど、少し様子見ってことで先に朝食を取ることに。→道後ややの朝食はこちら

ゆっくり朝ごはん食べてるうちに雨はすっかり止んでたので、朝8時すぎに「道後温泉本館」へ。
朝一番はそこそこ混雑するみたいだけど、一段落した時間らしく行列もなく、「霊の湯(たまのゆ)三階個室」を購入できました~

係りの人の指示に従い3階へあがると、まず個室へ。
おひとりさまなので小さめの部屋に通されました。
kositu1.jpg
そこで説明を受け、浴衣に着替えて、ふたたび係りの人を呼ぶと浴場へ案内してくれます。

「霊の湯」は「神の湯」より小振りで落ち着いた雰囲気。
そして、最初から最後まで誰も入ってこず私一人貸し切り状態でラッキー!
朝からのんびりゆっくり歴史のある温泉につかれて幸せ~
朝食後に来て正解だったなぁ。

「霊の湯」コースは「神の湯」も利用することができるんだけど、昨日入ったとこなので今回はパスしました。

部屋に戻ると、係りの人がお菓子とお茶を運んでくれます。
個室のお菓子は"坊ちゃん団子"。
夏目漱石「坊っちゃん」の中に登場するお団子です。(当時のものとはちょっと違うみたいだけどね)
bocha.jpg
思ったよりも甘かったなぁ。昨日のおせんべいの方が好みかも。

時間は十分あるのでしばらく個室でのんびり休憩。
縁側からは道後温泉の内側の屋根が見えます。
kositu2.jpg
端っこの部屋だったので立派な屋根瓦がすぐそばに。
kosithu3.jpg

それから着替えて部屋を出て、すぐ向かいの"坊ちゃんの間"を見学。
夏目漱石ゆかりの物が飾られていて、温泉利用者は無料で見学することができる。
bochama.jpg
床の間には漱石の胸像。
bochm.jpg
左はよく見る写真だけど、右は珍しい漱石の若かりし頃の写真。けっこうイケメンだよねー
boma.jpg
そんなにたくさん展示物があるわけではないけど、私、中学生のころから夏目漱石ファンなので、それなりに楽しめた。

続いて、「霊の湯」利用者が見学できる「又新殿(ゆうしんでん)」へ。
ガイドのおじさんが説明してくれます。
こちらは日本で唯一の皇室専用浴室だそうで、もちろん写真撮影は禁止。
豪華絢爛な玉座とか、階段状になった石造りの浴槽とか、一度も使われていない畳敷きのトイレとか、貴重なものが沢山あって一見の価値ありでした。

道後温泉を堪能した後は「道後温泉駅」へ寄り道し、"坊ちゃん列車"の乗車券を買いに行きます。
bore2.jpg
駅横にある「SHOP坊っちゃん列車」という売店で乗車券を購入。
まだ1時間後の便だったから希望時間の整理券も余裕でゲットできたよ。
bore1.jpg

一旦ホテルに戻り時間まで休憩&帰り支度です。

晩秋の愛媛ひとり旅17~坊っちゃん列車へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村




nice!(23) 
共通テーマ:旅行

nice! 23