So-net無料ブログ作成
検索選択

晩秋の愛媛ひとり旅13~道後公園&子規記念博物館 [2016愛媛]

路面電車で「道後温泉駅」の一つ手前「道後公園駅」で下車。

ちょうど"坊ちゃん電車"が入ってきたので写真撮影。
bocha.jpg

時間あったし天気も少し青空が見えてきたので「道後公園」あたりを散策することに。
doukoue1.jpg
「道後公園」は「湯築城」というお城の跡でもあり、資料館もあって無料で解放されてたのでまずはちょこっと立ち寄り。
それから紅葉で色づいた木々を見ながらぶらぶら。
銀杏の落ち葉で地面や堀が黄色に染まってて綺麗だったよ~
koyo1.jpg
kawako.jpg

続いて公園横にある「松山市立子規記念博物館」に入ってみる。
sikihaku1.jpg
正岡子規の生涯や、交友のあった人々、そして生まれ育った松山の文化等に関する資料が展示されています。

正岡子規って言うと結核でわずか34歳で亡くなり、その後半生のほとんどが病との闘いだったということから暗く悲しいイメージだったんだけど、生涯をこうやって見てみるとそのイメージとは全然違ってた。
もちろん病に倒れた無念はあっただろうけど、短い生涯を精一杯に生きていて感銘を受けてしまったよ。
人を惹きつける人物で友人も多く、病に伏せるまで良く旅をしていたり凄い活発で行動派な人だったんだよねー
だからこそロンドン留学中の漱石に送った最後の手紙がとても切なかった。

あと野球好きだったのも知らなかったなぁ。
今でも使われてる野球用語の多くの和訳(打者とか走者とか)は子規によるものらしく、ちょっとびっくりでした。

夏目漱石が松山に赴任していた時の下宿先で一時期子規も居候していた「愚陀仏庵」の1階部分が復元されています。
こちら中に入ることもできたよ。
gudabu.jpg

その他、映像コーナーなんかもあり、予想以上に見ごたえのある施設でした。

晩秋の愛媛ひとり旅14~道後の町屋と猫へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


nice!(27) 
共通テーマ:旅行

nice! 27