So-net無料ブログ作成

海外ドラマメモ2017年冬~イギリスドラマ編~ [英ドラマ&TV]

続いてイギリスドラマ編。

「War & Peace/戦争と平和」
NHK総合なので吹き替えで視聴。
イギリスBBCがトルストイの名作を壮大なスケールで描いた大作ドラマ。
「ダウントンアビー」のリリー・ジェームズと「牧師探偵シドニー・チェンバース」のジェームス・ノートンという旬な若手俳優2人が出てる。
他にもイギリスドラマでよく見る俳優さんが沢山出てる中、アメリカ人のポール・ダノが出てるのがちょい意外だった。
でもダノが演じるピエールのお人よしで不器用な感じとかハマり役で凄い良かったな。
それにしても登場人物多いよねぇ。これでも原作に比べたらかなり端折ってるらしい。
最初は登場人物を追うだけで楽しむ余裕がなかったけど、中盤あたりからはなんとか楽しめるようになってた。
あと映像もお金かかってそうで美しくて見応えあったよ。

「Mr Selfridge/セルフリッジ 英国百貨店 シーズン3」
ローズはやっぱり病気で亡くなってしまったのね。
独り者になったハリーに新しいお相手が登場したのだけど、いろいろ裏があって、結局ラストでお別れ。
あんまり好きになれないキャラだったので全然問題ないけど、ただそのせいでハリーがギャンブルに走ってしまったのがどうにも。。
マーデルさんと嫁を亡くしたグローブはついに復縁したけど、今度はちゃんとうまくいくのかこれも心配。
それから残念だったのはアグネスとアンリのカップルの退場。
この2人でこれ以上話広げるの難しそうだから仕方ないけどねぇ。
そしてロックスレイ卿がいまだにハリーに執着しててイライラ。
しかも来シーズンまで引っ張るみたいでちょっとうんざり。
まぁ来シーズンでファイナルみたいだから、すっきり終わってくれることを願います。

「The Suspicions of Mr Whicher/ウィッチャーの事件簿 第3話&第4話」
前作「エンジェル通り」の事件から探偵になったウィッチャーのその後。
第3話「名家の秘密」はインドから戻った男が何者かに屋敷に侵入されたことからウィッチャーを雇うという話。
この男の家族がみんなろくでもなかった。
最後はキレイに収まってすっきりしたけどね。
第4話「夫婦の秘密」は浮気調査を頼まれたウィッチャーがある事件に巻き込まれるという話。
こちらも壊れた家族の話なんだけど、こっちは哀しい話だったなぁ。
事件は重かったけど、サブストーリーであるウィッチャーと大家さんとのじれったい恋が上手くいったのは良かった。

「Hinterland/ヒンターランド シーズン2」
ウェールズを舞台にしたミステリドラマのシーズン2。
マサイアスが相変わらず陰気くさいなぁ。
そしてシーズン1から気になってた彼の過去が明かされるんだけど、娘の一人が亡くなって苦しんだのはわかるけど、奥さんともう一人の娘を置いてっちゃうなんてちょっとひどいよ。
相変わらず事件も毎回重くて暗い。(まぁ嫌いじゃないんだけど)
最終話が以前の話と関連してるようで、でもすっかり忘れてて、少しついていけなかった上に、なんかスッキリしないまま終わってしまった。。
次シーズンは本国ですでに放送済みだから、日本でも早く放送してほしいな。

「Wallander/刑事ヴァランダー シーズン4 ザ・ファイナル」
ファイナルシーズンなんだけど、それぞれの事件は今までに比べてちょっと印象薄かった。
それよりヴァランダーが父親と同じくアルツハイマーになってしまうのがショックだったよ。
そんなヴァランダーが巻き込まれる、娘の旦那の家族の事件も重かったなぁ。
元々重くて暗いドラマだけど、こんな終わり方にせんでもって感じだ。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

nice!(7) 
共通テーマ:テレビ

nice! 7